うきうき花レシピ 『淡いピンクの春色アレンジ』

淡いピンクの春色アレンジの作り方

 淡いピンクの春色アレンジ

 

作品のテーマ

春の花 /『淡いピンクの春色アレンジ』

近藤先生より

ごく淡い色合わせのアレンジです。
サクラや雪柳とあわせて、『和』な取り合わせになっています。
花瓶や器の周りに『杉ごろも』を貼って、演出します。
同じ花材で花束を作る場合は、ヒヤシンスや枝物など太く扱いにくものもありますので、パラレルで構成します。

難易度

★★☆☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像近「はなどんやさんのHPを見ていて、『これきれいだなぁ。』と思ったの。
箱とかに貼って使ったら素敵になると思って、今日のうきうきで使いたいと思います。」

STEP.2

画像【器準備】
丸い箱の中に、ガラスの器を入れて使います。
花留めには、アルミワイヤーを使います。

STEP.3

画像近「器に杉ごろもを貼り付けましょう^^」
花「テープで付きません!!!」
近「えっ!全くテープが付かないね。どうしましょう~~。」
花「今回は、紐で縛ってみましたが…力を入れる杉ごろもが裂けるのでこれでは使えないかも…。」

※後日資材の担当に確認したところ、アクアグルーやボンドのような接着剤をつけて、しばらく放置しておくと付くようです。

STEP.4

画像【花材準備】
近「優しい色合いのピンクでまとめてみました。」
花「『ひなまつり』っぽいですね。」
近「桜を桃に代えたら、もっと『ひなまつり』ぽくなると思いますよ。」

STEP.5

画像ヒヤシンスを短くします。
花「茎を切ると葉が全部とれました。」
花「葉は補正して、形を整えましょう。」

STEP.6

画像近「葉をあわせて、セロテープではります。」
花「簡単ですね。」
近「そうそう。葉は全部使わなくていいので、きれいな葉を数枚使います。」

STEP.7

画像手直ししたヒヤシンスを並べて見ました。

STEP.8

画像アルミワイヤーを花留めにして花材を挿します。
花「ヒヤシンスは茎が太いので留まりやすいです。」

STEP.9

画像3本入れました。

STEP.10

画像花器から花が出るくらいの長さで入れます。

STEP.11

画像サクラとユキヤナギを入れます。
花「枝物を入れると雰囲気が変わりますね。」
近「可愛い感じから和の素敵な感じに変わります。」

STEP.12

画像完成です。

STEP.99

画像春のピンク色のアレンジです。
球根の花を多く入れているので、スポンジを使わずにアルミワイヤーで花留めにしました。

2016年1月の花レシピ

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP