うきうき花レシピ『真っ赤なガーベラで絵画アレンジ』

真っ赤なガーベラで絵画アレンジの作り方

 真っ赤なガーベラで絵画アレンジ

 

作品のテーマ

初秋 インテリア/『真っ赤なガーベラで絵画アレンジ』

近藤先生より

ガーベラはカラフルで安価、。通年の花の為、様々な用途でお花屋さんで使われますが、高温期は水揚げが難しかったり、スポンジ内で茎が溶けてしまったりします。
ガーベラは、葉がなく、茎の『線』と花の『面』の極端な形状を持っているので、デザインでは難しい花材だと思います。
秋らしい赤いガーベラを使ってスポンジを使わないデザインを考えてみます。

難易度

★☆☆☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【準備】
近「今日は木枠にガーバラを挿したいと思います。」
濱「この枠はどこかで買ってきたのですか?」
近「これは個展の時に使ったものなのですが、文具屋さんで買ってきた枠に色を付けました。」

STEP.2

画像枠のままだと花を挿すことが出来ないので、糸をランダムにぐるぐる巻いて花留めにします。
近「赤と黄色、どちらが上がいいかな。 赤いガーベラを使うから赤かな。」

STEP.3

画像近「花を入れていきましょう。」
濱「絵を描くような感じですね。」
近「そう、その感覚。」

STEP.4

画像近「大輪ガーベラは大きいですね。」

STEP.5

画像ビバーナムを入れていきます。
近「ビバーナムは時期により実の色が違いますが、この時期だと赤くて、今回のデザインにぴったりで嬉しいな。」

STEP.6

画像枠からはみ出すくらいでもOK。

STEP.7

画像近「ヒューケラを少し入れましょう。」

STEP.8

画像完成!!
絵画風のデザインです。

STEP.99

画像赤いガーベラと赤い木枠のアレンジで、テーブルや家具に置いて、楽しんで頂けたらと思います。

花の色と木枠の色の組み合わせで色々なオリジナルアレンジが出来そうです。
更に、木枠と糸の組み合わせで、オリジナルの花留めも出来そうですね。

★おもしろ花留めシリーズ★
カラタチで花留め→『カラタチ&アネモネモナークのシンプルリース』
浮いたリース?!→『フローティング・フラワーリース』

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP