#おうちで花レッスン 応援!

生花ミモザ・開花のための水揚げ実験!

 

ミモザのつぼみは咲かないの?もっと咲かせたい!
という皆様のお困りごとにお応えすべく、やってみました開花実験!
実験の模様と結果をご紹介いたします!

STEP.1


輸入ミモザ「ミランドール」の中でも、比較的つぼみの多い個体を選んできました。
色は出ていますのでドライにしてもきれいですが、全体的には開花状態固めです。
しかし、ミモザはとても乾燥に弱く、普通の水揚げだけではなかなか咲かせることは難しいものです。
これを何とかご自宅でも咲かせられないか?やってみたいと思います!

STEP.2

まず。不要な葉っぱは出来る限り取り除きます!
(葉が残っていると水分が葉に奪われてしまいます)
右の束が葉を取ったものです。

STEP.3


1束あたりでこれくらい整理しました…結構時間もかかりますが、これも開花のため!頑張りましょう!

STEP.4

ここからは水揚げの準備です。ナイフで切断面が広ーくなるように削ぎます。

STEP.5


このように切断面を広~くとることでお水を吸いやすくします。アジサイなんかもこのようにしますよね。

STEP.6

ナイフをお持ちでない&得意でない方は、葉の細めのハサミで割りをいれ…

STEP.6

割り箸を割る要領で裂きます。

STEP.7


お花を新聞紙で巻きます。
頭の上まで包みます。

STEP.8

お花の頭の方で新聞を折り曲げ、

STEP.9


テープで止めます。頭の方からの乾燥を防ぎます。

STEP.10


保湿のため新聞の上から軽く水をかけてみます。霧吹き程度でもOK。

STEP.11


輸入ミモザミランドールに栄養剤がついている場合はご利用ください。白粉のタイプと、褐色の粉のタイプがあるようです。
(入荷時に栄養剤がついている場合は、そのままおつけしております。ついてない場合はごめんなさい🙇)
お手持ちの水揚げ剤ご利用頂いても問題ございません。

STEP.12


伸びている茎が全てつかる程度の深さで水揚げ開始。この上にポリ袋をかけて本日は撤収です。只今夕方の17:00。
夜間の保管は屋内常温ですが、2月なのでとっても寒いです。。。

STEP.13


おはようございます。朝9:00です。
曇っているので夜間十分に湿度は保たれたようです。
このタイミングではあまり開花状態に変化はありませんでしたが、元々柔らかかった花の開花が多少進んだように感じました。

STEP.14


ここから水揚げのパターンを変えてみました。
①白の紐⇒ 半室内、常温(寒)、北側の明るい場所
②青リボン⇒ 室内、暖房の風直風(暖)
③ラフィア⇒ 室内、常温(ほどほど寒)、東側の日の当たる場所

パターン①水揚げ結果。
白の紐 半室内、常温(寒)、北側の明るい場所


外気も入る寒い場所のせいか、袋内の結露はあまり無かったです。
夕方4時時点まで水揚げしました。

水揚げ前


水揚げ後… ふわっとした花の枝が増えました!
元々カチカチの蕾はあまり変化がありません。


 

パターン②水揚げ結果。
青リボン⇒ 室内、暖房の風直風(暖)

卓上用のファンヒーターを直撃です。かなり汗をかいていました。

水揚げ前


水揚げ後… 開花のスピードが最も速かったです!
花によっては茶色くなってしまいました。
個体差要素もありますので何とも言えませんが、
蒸れてしまった可能性は大いにあります。

パターン③水揚げ結果。
室内、常温(ほどほど寒)、東側の日の当たる場所(午前)


午後は日陰になる場所です。午前中は明るく日差しにあったかさを感じられる場所です
夕方4時時点まで水揚げしました。

水揚げ前


水揚げ後… 全体的にほどよく咲きました。
茶色くなった花もありますが、ヒーター前の束と比べれば少なめです。
今回の実験では一番バランスがよかったように思います。


 

結果と考察

どの束も開花が促進され、花を咲かせることができました。
開花のスピード、ボリューム感はヒーターに当てたものが優勢でしたが、
開花輪の茶色くなってしまった割合も多かったです。

固いつぼみは開花の難しいものもありました。

個体によっては開花により多く散ってしまうものもありました。
(これは保管場所というよりは枝の個体差のように感じました。)

保湿を高めることは大変重要ですが、蒸れと隣り合わせですので
水揚げ後は新聞であまりきつく巻かず、花同士がくっつかないような工夫をすることや
こまめに観察し開花した枝は別の場所に移していくなどすると、より良い結果が得られるかもしれません。
もっとよい水揚げ方法・保管方法あるよ!という方は是非情報お寄せください♪

※ちなみに開花したミモザも普通に空気に触れさせた状態ですと、じきに時期に玉の状態に戻ります。<(_ _)>



↑水揚げ前 もうちょい!

↑水揚げ後 ふわふわ!

ミモザ ミランドールのご購入はこちらから



PAGE TOP