バラとランの簡単リースアレンジ

バラとランの簡単リースアレンジの作り方(母の日)

 バラとランでトロピカルアレンジ(母の日)

 

作品のテーマ

うきうきスチューデント(母の日)/『バラとランでトロピカルアレンジ』

近藤先生より

母の日はカーネーションだけではありません。
バラとランの組合わせはいかがでしょうか?
植生的にはNGな取り合わせですが、色を楽しむと考えて合わせてみました。
色の対比が強いので、どのデザインでもグルーピングして使いましょう。
ハワイアンスタイルが好きなお母さんにもオススメですね!!

難易度

★★☆☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「広口の花器やお家にあるボールを使ってアレンジしてみましょう。
だいたい直径20~25センチくらいかな。」

STEP.2

画像徳「いつものアルミワイヤーですね。」
近「そうです。これを花留めに使います。」

STEP.3

画像アルミワイヤーを花器の縁にかけます。

STEP.4

画像利休草を入れます。
1本を2、3本に分けます。
下の方の葉の大きいところを先に入れます。先の方は後ほど使います。

STEP.5

画像ビバーナムスノーボールも切り分けて入れていきます。
近「これでアルミワイヤーをある程度隠すことが出来ますね。
アルミワイヤーをグリーンにしているので、全部を隠す必要はありませんよ。」

STEP.6

画像近「次に花を入れていきます。
ビバーナムや利休草も花留めになり、入れやすくなっていると思います。」

STEP.7

画像近「綺麗な色ですが濃い色を使っていますので、グルーピングしながら入れましょう。」

STEP.8

画像濱「色分けですね。」
近「そうです。隣り合わせの色も考えて入れましょう。」

STEP.9

画像忘れずに、残りの利休草も入れて完成です。

STEP.99

画像トロピカルな色の花材と初夏のグリーンが綺麗です。
母の日に飾るアレンジや色を楽しむレッスンにいかがでしょうか?
ラン類は長持ちでお買い得な花材です。

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP