蓮の実とケイトウのブラック&グリーンの花束 – うきうき花レシピ

うきうき花レシピ 葉物と実物のグリーンブーケ

 

 

【作品のテーマ】晩夏レッスン/『蓮の実とケイトウのブラック&グリーンの花束』

◎近藤先生より

お盆を過ぎても9月のお彼岸までは、まだまだ暑く花持ちが悪いので、レッスンにお悩みの方も多いと思います。
この時期は、ケイトウ・蓮・木苺などのテクスチャー(質感)の違う花材も多いので、それらの違いを楽しむグリーンブーケもオススメです。
葉物も斑入りや、赤系のものを入れるとさらに変化がつきます。
花材費も安くボリュームありでオススメ!!

3人で約10,000円

★★★☆☆

【花材準備】
近「色々なグリーンのテクスチャー(質感)の違いを楽しみましょう♪」

近「サンデリアーナとドラセナを支える花材にして、ケイトウと蓮の実を入れてみましょう。」
濱「こう、かな?」

濱「腕を下げて、全体を見ながら作るんですよね。」

近「コニカルブラックが、引締め色になりますね。」
徳「このつやつや丸々がかわいらしい(^^)」

濱「どうでしょう?」

近「どれどれ…固まりのグリーンと長いグリーンがいいですね。
中心に蓮の実が入ってもいいかな。」

近「こんなに大きく出来て、低予算!」
徳「すばらしい~」

徳「押えに何を使いましょうか?」
近「ブラックタイがあるので使ってみましょうか。
この大きな葉を丸めて、ホチキスで留めて使います。」

近「下まで葉があるので、少し手で握ってしまいますが…しょうがないと思います。」

外側にブラックタイを付け、ラフィアで縛って完成です。

夏から秋にかけてにあるグリーンを使って、インテリアブーケ。
グリーンだけでも、色や質感の違いが楽しめます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP