東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

飛躍

 

金彩の華やかなお正月アレンジ。
のびやかに高さを出すデザインには雲竜などの枝物がよく合います!


●近藤先生よりアドバイス

上へ、上へと舞い上がるデザインです。
ヨーロピアンデザインにも登場する「紡錘形」のデザインです。
(紡錘:なかほどはやや膨らみ、先端のとがった形。
糸をつむぐ道具のことで、糸を巻き取った形の)

新しい年の成長、飛躍をイメージしたお正月にぴったりのデザインです。
花材はお好きな色に変えても良いですね。
赤いグロリオサとブルーのアイリスなどにすればまた違った印象になりますよ。


★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?


【使用アイテム】

・グロリオサ 黄色 2本
・シャーリーべイビー 2本
・金雲竜 1~2本
・サンダーソニア 3本
・フリージア 3~4本
・苔パック 1個

・花器:H16*φ15㎝
・オアシス


他のレシピを見る。

徳「金 塗りの枝が入るとぐっと季節感でますね。 THE・お正月!」
武「 今はいろんな金塗りの枝があるよね~」
近「金雲竜は縦に伸びるラインにも使えますし、横の広がりも出せるので使いやすいですよ。」

近「オアシスは器より1㎝ほど低くセットしておきます。 最後に表面を苔で覆いますので・・・」

雲竜は枝分かれがあるので、手頃な長さの脇枝か 中心の 先端部分が使いやすいです。 作りたい高さに応じて切り分けます。

最初は金雲竜で篭をつくるみたいに・・・
近「今回作るのは「紡錘形」といってヨーロピアンデザインにも登場する形。中膨らみで、先端にかけて細くなる形をイメージしてくださいね。」
徳「直線の形とか外広がりのレシピ作品もありましたねー」

近「柳の仲間なので茎は弾力がありますが 枝が折れないように気をつけてためて使いましょう!」

近「こうね、うにゃうにゃ~っと空へ向かうイメージなの。 先端はやわらかいから最後に軽くからめ合わせて紡錘の形にましょう。」
徳「雲竜って名前もいいですよね!何か飛躍的でおめでたい感じで・・・」

雲竜でアウトラインがとれたら、中心に花を入れていきます。(あまり枝を入れすぎると花が入らなくなるのでほどほどに)
近「今回も立派なグロリオサ~! でもこのままじゃちょっと入れられないので 足元の大きい花はとっちゃいますね。(^^;) 先端のつぼみは残して長いまま使いましょう。」

雲竜のラインからあまりはみ出さないように・・・

さっきカットした余分な花は足元に挿します。
徳「花首の茎も結構長いから、足元になら挿せますね。」

サンダーソニアを挿します。
近「このお花も可愛いわよね。今でこそ一般的なお花だけど、出始めのころは珍しくてすっごく流行ったのよ! グロリオサもそうだったわね~♪ 」
武「あ、知ってる~!サンダーソニアだけの花束とか憧れたもん♪」
徳「へ~。珍しい花だったんですねー(@_@)

近「このアレンジは中の透け感が大事なんです。 あまりお花を入れすぎてしまうのもNGですし、 お花のつきが良すぎる場合は少しお花をお手入れして使いましょうね。」

フリージアは葉を取り除きます。
近「フリージアは少し茎がカーブしている場合がありますので、 雲竜のカーブラインに合わせて挿すときれいです。」

近「いい香り~♪春の香りね!」
武「ほんと、春が来たって感じしますよね!」

近「先端にお花のついたフリージアは同じ高さで使っちゃうと同じ位置で花が混雑してしまいますので・・・高さを変えて使いましょう。」
徳「らせん階段のようにぐるっと高さを変えていくときれいですね。」

シャーリーベイビー
近「オレンジ、黄色と同系色を使いましたから、 対比色やアクセントカラーも入れましょう。 今回はシャーリーベイビーを使ってみますが、スカビオサや小さめのラナンなどで代品になると思います。」
徳「グロリオサが赤なら、普通の黄色オンシジュームでもいいですね」

近「・・・うーん、これも花つきがよすぎる(~^;) ちょっともったいないけどもう少し軽くしますね」

近「茎が柔らかいので他のお花に絡ませながら 上に向けてあしらいます。」

近「からまりやすいですのでお花をちぎってしまわないように注意して下さいね。」

オアシスの表面を苔でカバーします。

見た目と、オアシスの水分蒸発に役立ちます

ちょっと離れて見て確認します。
近「うにょうにょ~~♪」
徳「おっとその動きはシャッターチャンス★」
近「徳ちゃん、わたしって、レシピのなかでどんどんキャラクターが崩れていってないかしら。。。気のせい?」
徳「気のせいですとも!!」

からみ合う花たちと茎のラインを見せる透け感がきれいに作るポイントです。 上昇気流にのって高く高く舞い上がる躍動的なイメージで 今後もうきうきレシピをよろしくお願いします~

●関連するコンテンツ
大型アレンジ・ パラレルアレンジの作り方 | お正月フラワーアレンジの作り方



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -