夏にぴったり!爽やかなプリザーブド紫陽花のサマードアリース

涼しげなブルーやグリーンのプリザーブドアジサイをふんだんに使った、ボリュームたっぷりのアジサイドアリースです。
ポイントでラベンダーとニゲラをプラス、ニゲラと類似色のラフィアリボンで夏らしさをアップしました。

花材と資材を準備します

【花材】
●アンデスアジサイ パールホワイト 1箱
●アンデスアジサイ ミストグリーン 1箱
●アンデスアジサイ パウダーブルー 1箱
アジサイの配色はお好きに変えても楽しめますよ。

【資材】
●ヒゲ土籐中空ドーナッツリースM 1個 直径25cm×太さ4.5cm
今回のリースは間に花材を挿し込んでいく作り方なので、バインの間が空いているものを選びます。

 

リースにプリザーブドアジサイを挿していきます

アジサイの房をいくつかのパーツでまとめ、一色ずつ挿していきます。
箇所によりボリュームを変えてもOKですが、画像のパーツは直径8cmくらいです。
接着には高温グルーガンを使いました。

アジサイにグルーガンをつけたらリースに挿していきます。
リース表面から5cmくらい飛び出すように挿し込みます。
上から見た時横から飛び出して凸凹しないように、滑らかな平面になるように意識します。

グルーガンはリースに花材を挿した時、バインに絡んで伸びるので茎全体につける必要はありません。
枝分かれ箇所につけるだけで固定されます。

同じ色のアジサイをまとめて何か所かに分け全体に配置します。

バランスを見ながら他の色も配置していきます。

隙間が無いように挿していきます。

 

隙間にニゲラを挿します

ニゲラは茎を5cmくらい残してカットします。

アジサイと同様にグルーガンをつけます。

ポイント花材を挿す時は、リズムをつけて回しながら挿していきます。波線をつくるイメージです。
真上からだけでなく斜めからも挿して躍動感のある雰囲気にします。

 

ラベンダーをワイヤリングします

ラベンダーはお花を含め全体7cmくらいでカットし、ワイヤリングをします。
ワイヤーは26番か28番がオススメです。

【関連記事】プリザーブドフラワーのワイヤリング方法

ワイヤーにグルーガンをつけニゲラ同様にリズムをつけて回しながら挿していきます。
爽やかなラベンダーの香りも楽しめますね。

 

完成!

花材のみでもボリュームたっぷりの爽やかなリースの完成ですが、ラフィアをリボン結びすればより夏らしさと可愛らしさがアップします。

 

アジサイを少しだけ残しておくと、隙間があった時に最後、微調節ができます。

 

今回使用した商品

フロールエバー/アンデスアジサイ パールホワイト/FL291-01

 

フロールエバー/アンデスアジサイ ミストグリーン 約20g輪/FL291-42

 

フロールエバー/アンデスアジサイ パウダーブルー/FL291-13

 

カルチベーター/ヒゲ土籐中空ドーナッツリースM/016112

 

ニゲラオリエンタリス 約30g ウオッシュホワイト/10380-012/016112

 

大地農園/ラベンダー 30g N/10020-000

 

>>完成品の玄関ドアリースはこちら!※レシピのドアリースではありません

 

インスタグラムも更新中!フォローお願い致します♪

PAGE TOP