うきうき花レシピ 『タニワタリを使った夏の籠バック』

タニワタリを使った夏の籠バックの作り方

 タニワタリを使った夏の籠バック

 

作品のテーマ

夏 レッスン インテリア/『タニワタリを使った夏の籠バック』

近藤先生より

ガラスを使った夏らしいトロピカルアレンジです。
ガラスの器をバックのようにみたてます。

難易度

★☆☆☆☆

 

材料

タニワタリ(グリーン)  10本
シマフトイ  5本
【大佐和花き園】アンスリューム ナリタ(赤×グリーン)  3本
————-資材————
ガラス花器  1個
地巻線 #30 ブラウン【レシピ使用品】  適量

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「ガラスの花器に葉を詰めてバックを作ってみます。」
濱「どんなふうになりますか?」
近「では、大きい花器の方をタニワタリと合わせて作りましょう。」

STEP.2

画像近「花器の高さに合わせてカットします。」

STEP.3

画像近「花器の中に入れます。」
濱「沢山詰めます。」

STEP.4

画像近「シマフトイでバックの持ち手を作ります。」

STEP.5

画像まとめて、ワイヤーで留めます。

STEP.6

画像左右が同じ高さになるように、折って使います。
近「どう?」
何回かは折っても大丈夫なのでやってみて調節してみましょう。
※シマフトイの中にロングワイヤーを入れれば、もっとしっかりすると思います。

STEP.7

画像近「アンスを入れます。何本がいいかな。」

近「おっ、徳ちゃんいいね、それ。」
徳「残っていた葉で作ってみました。」
近「うんうん、いい!付けてみて。」

STEP.8

画像近「アンスは、2本か3本を片側に入れましょう。」

STEP.99

画像夏のレッスンの1つに。
ガラス花器の大きさで、タニワタリの量を調節して下さい。

作成2016/5/31

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP