ランとアンスリュームのクラッチブーケ

ランとアンスリュームのクラッチブーケの作り方

 ランとアンスリュームのクラッチブーケ

 

作品のテーマ

サマーウエディング/『ランとアンスリュームのクラッチブーケ』

近藤先生より

夏のトロピカルシーズンでモカラやランを使うことも多いですが、そのほとんどが輸入品です。
国産のデンファレは、花が小ぶりでステムも柔らかく、デザインの幅を広げることが出来ます。
輸入の尖がったイメージとは違い、表情が優しげです。
今回は、その柔らかさを活かし、流れのあるシャワーブーケを作ります。
ランやアンスリュームをたくさん曲げたい時は一部ワイヤーリングをして下さい。。

難易度

★★★☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「葉物以外は国産の花材を準備してみました。
国産と輸入物では、やっぱりどこか雰囲気が違うのよね~。」

STEP.2

画像近「大佐和さんのアンスリュームのステムはやわらかいので、手で滑らせて、少し曲がりをつくります。」

STEP.3

画像真ん中が真っすぐで、両脇の花は少し曲げてみました。
少し曲がった程度ですが、実際に使用すると違いがでると思います。

STEP.4

画像花材を長さで並べて作る準備をします。
近「クラッチブーケは、長いもの→短いものの順で入れていくので、長さで並べておくとスムーズに作ることが出来ます。」

STEP.5

画像近「さぁ、今日は誰がやってみる?
濱「出来るかな~。」
徳「では、やります!」
近「お~、徳ちゃんから手が上がりました(^^)」
徳「久しぶりに作らせて頂きます!!!」

STEP.6

画像長めの花材から入れて…前は下がるように。
近「徐々に左右に広がるようにふんわり入れましょう。
徳ちゃん、サンデリアーナを入れるとボリュームが出てふんわりしますよ。」

STEP.7

画像徳「作っていると前から見えないので、ちょっと作りずらいですね。」
近「そういう場合は、鏡を準備して前から見えるようにするといいと思いますよ。」

STEP.8

画像徳「どうかな。」
近「形になっていますよ。」

STEP.9

画像近「真っ白でもいいのですが、アクセントにピンクのアンスをいれましょうか?
5本、色々な場所に入れましょう。」

STEP.11

画像近「良く出来ました(^^)」
アンスの葉で手元を覆って完成です。

STEP.99

画像人気のクラッチブーケ。
夏の花材で、サマーウエディングにいかがでしょうか?
国産の花材(デンファレアンス)が雰囲気を作ります。
また、国産のデンファレは持ちも良いのでオススメです。

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP