うきうき花レシピ シンプル・カラーのクラッチブーケ

うきうき花レシピ シンプル・カラーのクラッチブーケ

 

 

【作品のテーマ】初夏ブライダル/『シンプル・カラーのクラッチブーケ』

◎近藤先生より

スパイラルにしないで、茎をためて、パラレルで組みます。
ステムは、太めにリボンで巻いて仕上げてみましょう。

★★☆☆☆

近「カラーに何を合わせようかしら…」
徳「こんなのどうでしょうか?
見本で届いたキバナクンシンランです。」
近「いいね、合う合う。1本に何輪もついて素敵だね。」

茎はまっすぐに、パラレルで束ねていきましょう。
近「茎の首の方を持つと束ねやすいと思いますよ。」

徳「キバナクンシンランの葉です。」
近「この葉で、ステムを包みましょう。」

近「カラーとキバナクンシンランを一度ワイヤーかラフィアで束ね。
その上を葉で隠していきます。」

近「葉の上をワイヤーで留めます。」

2箇所留めます。

切り揃えます。

太目のリボンでステムを巻きます。
近「リボンの最初はセロハンテープなどで留めると巻きやすいと思います。」

巻いたら、最後の部分は中に入れ込むように留めます。
または、虫ピンなどで留めます。

カラーらしくスッキリとしたブーケ。
カラーをブーケにするときは、パラレルで。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP