うきうき花レシピ カスミ タナビク ハル

うきうき花レシピ カスミ タナビク ハル

 

 

【作品のテーマ】春 インテリアフラワー/『カスミ タナビク ハル』

◎近藤先生より

桜をいけましょう。

『桜』は印象の強い枝物ですので、本来は単体で活けた方が一番美しいと思います。
他の花をあわせる時は、なるべく全体の色使いをシックにするか、他の花の量をごくわずかにしてあげることで、品の良さが残せると思います。

吉野桜や東海桜は、枝もやわらかめで「ため」がききます。
今回は「ため」のきく枝を利用して「紡錘型」のアレンジにしてみます。

★★★☆☆

東海桜  10本
サクマ農園の大輪イキシア パノラマ(ピンク×白)  10本
カラーオアシス(白)  1個
検定用 茶花器  1個
カラーオアシスを使って、『桜』を人口的にいれます。
近「普通のオアシスを使って、上にカラー砂をのせてもいいですね。
そのときは、少し低めにオアシスをセットします。」

桜を切ります。
近「枝物の先は、楔形に切ってから割ってあげましょう。」

桜に『ため』を作ります。
近「手と手は近づけて少しずつ曲げます。 間隔をあけて曲げると折れやすいので注意して下さい。」

近「カラーオアシスを使うと、挿しなおしができないね。」

上の方を、糸ワイヤーでとめましょうか。

糸ワイヤーです。

糸ワイヤーで留めてます。

近「花の咲いている部分を切り取ります。」

花が寂しいところに、追加します。

『紡錘型』に整えて桜の部分は完成です。

桜だけでも素敵です。

間にイキシアを入れます。
空間を活かしたいので、ほどほどに。

『桜』をみると、ホッとしますね。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP