アジサイとニゲラの実のドライリース

アジサイとニゲラの実のドライリースの作り方

 アジサイとニゲラの実のドライリース

 

作品のテーマ

ドライリース/『アジサイとニゲラの実のドライリース』

近藤先生より

アンティークアジサイも湿度が少ない4月5月ならきれいなドライになります。
ニゲラの実とあわせて、ナチュラルなリースを作ります。
アレンジなどで使ったアジサイなども、捨てないで乾かしてみましょう。
(食物の命を大切に最後まで楽しむ。)

難易度

★★☆☆☆

 

材料

アジサイ アンティークグリーン(ドライにして使用)  1~2本
ニゲラの実(3日以上干すと良い)  30~40本
テトラゴナ(ドライにして使用)  5~10本
ストローリース25 ナチュラル【レシピ使用品】  1個
グルー【あれば便利品】  1個

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「秋に買ったアジサイをドライにしたので、持って来てみました。
色々な形で植物の命を最後まで楽しんで下さい。」

STEP.2

画像近「ドライのアジサイを小分けにしてリースに挿します。
そのまま挿しても大丈夫かと思いますが、落ちるのが心配なときはグルーで付けましょう。」
濱「ボロボロ落ちますが…」
近「ドライですからね。それもしょうがないと思います。使える分を使いましょう。」

STEP.3

画像もう少し。

STEP.4

画像一周入れることが出来ました。

STEP.5

画像近「ニゲラの実は、3、4日干したのを持ってきました。このモアモアが可愛いの。
これだけで終わりにしてもいいけど…他に何か入れますか?」
徳「う~ん、
ドライにしたテトラゴナがあります。どうでしょう?」

STEP.6

画像近「入れましょう!
うんうん、素敵になりました(^^)。」

STEP.99

画像レッスンで使ったアジサイや実物、枝物をドライにして楽しみましょう♪
※アジサイを使った過去の作品…

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP