造花ローズブーケの作り方

今回は造花ローズブーケの作り方をご紹介。花瓶に挿せば生花に負けず劣らず、空間を華やかに彩ってくれます。花束作りの基本、茎を螺旋状に束ねるスパイラルで作りましたので、生花の花束作りの練習にもいいかもしれませんね。

材料を用意します

バラは、大き目のものと小さ目のものを用意しました。ブーケを作る際は、紫陽花(ハイドレンジア)のようにクッションになるような花材が入ると作りやすくなります。


下の方(手に持つ部分より下)に葉があれば取り除き、ローズに不要なトゲがあれば、カットしておきます。(造花のバラには、そんなにトゲはついていませんが稀に手に持つ部分にトゲがあると、組んでいて痛かったり邪魔な場合があります。)

 

ブーケを作ります

ラウンド状にグリーンの枝を広げ、花束のベースを作ります。グリーンの枝がブーケアシストの代わりとなり、ブーケを作りやすくなります。


ラウンド状にしたグリーンをベースにメインとなる大きな花から順に束ね、輪郭をつくります。この時お花の足元がきれいにスパイラル(らせん状)になるようにお花を入れていきます。


※スパイラルとはこちらの画像のように1点を中心に茎が放射状になるように束ねる束ね方です。きちんとスパイラルになっているとお花を好きにな位置に配置したり、ふんわりさせたりきゅっとさせたり、あとから飛び出させたりひっこめたり、自在に花束をアレンジできるようになります。

スパイラルブーケの詳しい作り方


アクセントとなる小花などを束ね、質感と色味をプラスします。スパイラルの向きに逆らわないように、同じ流れで入れたい位置にお花を配置します。


つる状のグリーンや小花などは全体のバランスを見て、上から挿し込みます。この時もスパイラルの流れに逆らわないように、茎が同じ向きになるように注意します。

 

完成!

支点(手で持っている箇所)を紐やワイヤーでしっかりと縛ったあと、リボンを付けて茎を切り揃えたら完成です。
ほとんどの場合、アーティフィシャルの茎にはワイヤーが入っているので、ニッパー等ワイヤー切用のハサミがあると便利です。紐で結ぶのが難しい場合は、どこか1本のしっかりした茎にワイヤを通し、支点からずれないようにぐるぐると巻きつけ、最後にどこかもう1本のしっかりとした茎に通してとめます。その上からラフィア等で巻くと簡単にしあがります。
※ガラス花器にビー玉や木の実などを入れると季節感を演出できます

 

今回使用した商品

 

PAGE TOP