心を燃やせ!コロナに打ち勝つ開運しめ飾りの作り方

こんにちは!Life&ArtFlowerです。
今年もそろそろ残り少なくなってまいりましたが、今年はコロナウイルスと、なんといっても、あの人気アニメの大ブームでしたね!
鬼を滅殺する例のあれです!
うちの子も毎日、キャラクター柄のマスクを着用して元気の呼吸で登校しております!
我が家の話題もアニメ関連の話が増え、コロナの嫌な雰囲気を滅殺してくれているようです!
ということで、今回は、その人気アニメの中から、大ヒット上映中の映画の、主人公ともいうべき、燃える心のあのお方をイメージしたアレンジをご紹介したいと思います。
超集中でお作りいたしましたので、ご覧いただけましたら嬉しいです!!

使用した材料と道具

《使用した花材・資材》
・月光の菊ピック #21 YL/OR ×1
・月光の菊ピック #8 イエローブラウン ×1
・春日南天 #3 RED ×2/3
・カミラオーキッド # 3RED ×1/3
・カミラオーキッド #1 WHITE ×1/3
・東京堂/ごぼうメ90
・東京堂/夢眩水引飾り #003 赤
・金糸入り両房付き組紐 No.003 レッド
・金糸入り両房付き組紐 No.001 ホワイト
・#26地巻ワイヤー 緑
・フローラテープ12.5mm 緑系

《あるとよい道具》
・ニッパーまたはワイヤーカッター…花材やワイヤーのカットに使用します。
・クラフトはさみ…ごぼう〆や水引をカットするのに使用します。ワイヤーカッターなどでも代用できます。
・ヤットコ…ワイヤーをねじったりする際に便利です。

作り方

(1)しめ飾りの土台作り

まずは、しめ飾りの土台作りから始めてまいりたいと思います。

ごぼう〆で輪っかをつくり、#26ワイヤーでねじり止めします。

2ヶ所ワイヤー止めします。

ワイヤーの先端は、縄のすきまにいれてしまっておくとよいです。

ごぼう〆に水引をワイヤーでとりつけ、ごぼう〆の上下先端を水引に合わせてカットします。

(2)花材を組む

用意した花材を2パーツにわけて作っていきます。オーキッドのお花は、束ねる時にもたつかないように、1~2輪とっておきます。

このように、上パーツと下パーツにわけてそれぞれ束ねます。

束ねる際に、南天の茎が短ければ、ワイヤーをまいて茎の長さを継ぎ足ししておきます。

まとめた花材を2ヶ所でワイヤー止めし、茎をある程度でカットし、さらに、フローラルテープをまいておきます。

両パーツとも準備ができたら、合体させて、ワイヤーで2ヶ所止めします。

2ヶ所止めしたワイヤーの上からフローラルテープを巻いておきましょう。
これで花材は組めました!

(3)仕上げ

それでは、最後に、花材をしめ縄にとりつけて、仕上げてまいります。

しめ縄の上に花材をのせて、ワイヤーで2点止めします。

後ろから見るとこのような感じです。
ワイヤーをねじった先端部分は危ないですので、お花としめ縄の間にしまっておくとよいです。

最後に、紅白の房つき組紐を結んだら、完成です。

出来上がりです。
炎の技を扱うとっても格好いいキャラクターをイメージしているのですが、色合い的にも、おめでたいお正月にピッタリになったかなと思います。
また、コロナウイルスなんかに負けないぞ!という強い心を持てそうなパワーのあるアレンジになったと思います!

使った花材はこちら

作成した感想とおまけ

思い起こせば、今年の春頃、はなどんやのスタッフさんから、例のアニメふうの作品、というアイデアをいただきました。それをきっかけにアニメを見はじめたのですが、気がついたらすっかり大ファンになってしまっていました。それでも、お花とアニメのイメージを合わせて形にするのがなかなか難しく棚上げになっていたのですが、月光の菊というお花に出会って「こ、この色は、まさに…」と今回のアレンジを思い付くことができました。

これで、私も、アーティフィシャルフラワーの呼吸がくりだせるのではないかと、今回のアレンジをさせていただきました。
それで、あまりにも、この菊がアニメにピッタリのカラーでしたので、おまけでもう2つ作成してみました。

人気キャラクターの二人をイメージいたしましたが、いかがでしょうか?
このように流行をイメージしてアレンジしてみるのもとっても楽しいものですね!!
では、病魔滅殺を願い、熱い心で新年をお迎えいたしましょう!

この記事を書いた人

Life&ArtFlower
Life&ArtFlower
主にアーティフィシャルフラワーを使って、リースやコサージュなど、お花の雑貨を製作、販売しております。 まだまだ駆け出しのフローリストですが、アーティフィシャルフラワーの魅力や扱いやすさ、作品を作る楽しみをお伝えできればと思っております! 日本アーティフィシャルフラワー協会 認定フローリスト
>>記事一覧 >>Instagram



PAGE TOP