.

東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

うきうき花レシピ 秋色フルーティなブーケ

Published at 2011/09/29 15:05:31
うきうき花レシピ 秋色フルーティなブーケ
 

 

 

 

◎近藤先生より
ブライディを使ったドロップ型ブーケ。
オレンジアプリコット+ベージュのバラに実物を加えて、秋色フルーティーに仕上げてみましょう!

同じ花材でりんごなどを加えてバスケットアレンジにしても素敵です!

【アレンジ難易度】 ★★★★☆

バラ(アリアンナ)  5本
バラ(オークランド)  5本
バラ(ピーチアバランシェ)  5本
SPバラ(ミスティックサラ)  2本
SPバラ(カントリーボーイ)  3本
ビバーナムコンパクタ  2本
アジサイピンク  1本
エレンダニカ  2本
ゲーラックス  5本
   
(資材)花器  1個
(資材)ブーケホルダー  1個

淡い色のメルヘンチックな花材を準備しました。

初めに、全体的なアウトラインを作っていきます。
バラを1本高さの目安になります。
その次に、垂れ下がる長さをエレンダニカでとっていきます。
落ちやすいので、しっかりと深く刺して下さい。

サイドの長さも決めて挿します。

間にも挿し、全体的なアウトラインを作っていきます。
エレンダニカはひげが面白いので、うまく使っていって下さいね。

下がる部分のラインに合わせて、バラを挿していきます。

一種類のバラでS字を描くようにつなげていくときれいです!
下に流れるラインをつなげるように
下向きのバラはやや長めに出すことを意識していくのがポイントです。

横から見るとこんなラインです。

サイドの部分はアジサイで埋めます。

SPバラをいれていきます。
これから咲いてくるので詰め過ぎに気をつけて。
アジサイの上からも挿してOKです。

サイドや花と花の間に、エレンダンカの葉を挿し、グリーン色を取り入れます。

実物もプラスし、秋のフルーティ感をだします。

凹凸感や、流れに注意して、形を整えていきましょう。

持って、全体を確認して完成です。

持ち手の上の部分は、ゲーラックスでカバーします。
オモテ面を外にします。

淡い色のブーケ、今回は実物も加えて秋バーションです。
エレンダニカも使用し、ちょっとヨーロピアンな雰囲気です。 

●関連するコンテンツ
初秋のフラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -