東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

オレゴン産モミ・リースについて


クリスマス向けモミ類について/ご案内と注意事項


はなどんやアソシエで販売しております、オレゴン産輸入モミ類についてご案内させていただきます。
モミの品質、管理、LOTの目安本数、必要分量などよくあるお問い合わせを元にご案内させていただいております。
ご購入の前には必ずご一読下さいませ。 ▼モミ・リース類の販売ページへすすむ



<1>保管、商品特性、保ちについて


<2>入荷・お受け取り日について

<3>1LOTあたりのボリューム参考写真


<4>(参考)リースに必要な分量(リースワイヤとベース使用)


<5>(参考)リースに必要な分量(リング型吸水フォーム使用)






<1>モミの保管、商品特性、保ちについて

・モミの保管方法

原産地のオレゴンは低温多湿、モミ類もそのような場所を好みます。涼しい場所での保管と、ある程度の湿度が必要です。
お受け取り後は適度に湿度を与えながら涼しい場所に保管してください。

表面が乾燥しやすいのでビニルや新聞紙に包むなど空気の遮断をおすすめしますが、
高温多湿の日本では、カビの発生や葉散りもしやすいです。

箱や袋に入れっぱなしは避け、こまめに様子をみてあげて下さい。
弊社では入荷時の蝋引き箱に入れた状態で上にビニルをかけ、たまに霧吹きなどをしています。


・モミの保ち、状態変化

生の素材の枝は、時間が経つにつれて乾燥し色があせたりパラパラと散るのもごく普通のことなのです。
(葉も落ちるので、海外では外ドアに掛けっ放しの状態でそのままクリスマスまで飾るのが普通の使い方。)

霧吹きなどお手入れや環境次第で状態の変化というのは違ってくると思いますが
お届け時と全く同じフレッシュな状態で何週間もそのままというものではありません。
ご理解の上ご注文頂ければと思います。

モミの状態変化について

(クリックで画像拡大)

11月初旬の入荷後、2週間程度空気に触れる状態で室内放置したリースの参考写真です。
葉が乾燥し全体に白っぽくなりました。葉が落ちて棒状になっている部分も見受けられます。
お受け取りが遅くなるほど、どうしてもお届け商品がこのような傾向にはなりがちです。




<2>入荷・お受け取り日について


・入荷について

輸入品のオレゴンモミ類が国内に入るためには検疫があり、このときに特定の虫などが見つかってしまうと

想定しているよりも入荷が遅れてしまうというケースがあります。
過去にもこのようなケースが発生しており、お届日が遅れてしまうケースがございました。

商社でも、例年より早めの入荷にするなど防止策をとっておりますが
輸入という性質上、予想できない到着遅れの可能性がどうしてもございますことをご了承の上、
ご利用の日程を検討いただければと思います。



・お受け取りについて

船便での一括入荷後、輸入元で温湿度管理をおこなった倉庫で保管しておりますが、
毎年、どうしても出荷終了間際(11月末~)は葉の散りなど品質が不安定になりやすくなっております。

(上の写真のように一部葉落ちなどお手入れが必要になる部分もあると思います。)
11/30までのお届けですが、よりフレッシュで状態のよいものが欲しい方は
期間内出来る限り早めのお受け取り、レッスン企画をおすすめ致します。
11月下旬~遅くなってのお届けは、ある程度葉散り等ご了承の上、お申し込みください。


▼モミ・リース類の販売ページへすすむ







<3>1LOTあたりのボリューム参考写真

※その年の枝の出来具合によって入り本数は異なりますので一例としてご覧下さい。
枝が大きい、主軸が太く重みがある場合はその分入り本数も少なくなります事をご了承ください。
(あくまで、ケースの1/4の分量となります。)

2013年はチップの入り本数少なめ傾向です。チップ1/4LOTで10本弱 2013/11/15

※各画像クリックで拡大



左)ブランチ2.7kg程度 約4~6本  
(LOT割1/4あたり)

右)チップ2.7kg程度約15本程度
(LOT割1/4あたり※ただし入り本数多めの箱です。本数少なめの箱の右と比較ください。)

チップ(LOT割1/4)約10本程度

※軸が太く重い枝の場合、入り数が少なくなります。(左の写真と比較下さい)
輸入元にて1ケースの重さの検品はございますが年によっての差が大きく、入り本数は選べません。
チップ(LOT割1/4)と
その他アイテム大きさ比較
ブランチ・チップの主軸の太さ比較 ブランチ(LOT割1/4)と
その他アイテム大きさ比較
ネズ枝(LOT割1/4)ボリュームの目安

▼モミ・リース類の販売ページへすすむ

 



<4>(参考)リースに必要な分量
リースワイヤとベース使用



右の様なリース作ってみました。
最もスタンダードな、リースベースにリースワイヤーを使って
パーツを巻きつけていく方法です。


①あかづる5本で直径20㎝のリースベースを作成
②それぞれクジャクヒバ2本、モミ枝チップ2本を使用
③完成品直径約25センチ

かなり細かい部分や太い枝の部分、
ちょっと汚れた葉なども余さず使用しましたので
実際に作る時は もう少し余裕を見て頂いたほうがよいかと思います。
分量を参考に、作りたいサイズや入れる量を検討してみてください。

▼モミ・リース類の販売ページへすすむ



赤づる2本使用のベース。

ちょっと固さが頼りない?

 


赤づる5本のベース。


だいぶしっかりしてます



モミ枝チップ1本分パーツ。
先端部分以外もできるだけカットしてパーツに採用してます。

チップ1本分まきつけ終了。一応形は整います。巻き付け方はこちらのレシピなどをご参考にどうぞ。


横から。ちょっと厚みがすくないですね

さらにチップ2本目を巻きつけ
終了してこのボリューム。

それなりの厚さにはなりました。あと1周くらいすれば厚みにも直径にもボリュームが出るでしょう。
ちなみに正式なもの(?)はリングの幅と、真ん中に空いている部分を同じ太さにするのだそうです。それにはちょっと本数が足りませんでした。

裏から。
次はクジャクヒバを使います。
1本(70センチ程度)をカットしたパーツの分量

1本分巻きつけ終了。
巻き付け方はこちらのレシピなどをご参考にどうぞ。

平べったい葉なのでボリュームは出にくい。
こちらがクジャクヒバ2本巻き付けた状態。 裏から。 左くじゃくひば、右モミのリース。
それぞれ2本づつ使って同じくらいの直径(25㎝くらい)に仕上げました。
参考になりましたか?

<5>(参考)リースに必要な分量
リング型吸水フォーム使用)



リースワイヤーで巻くよりも簡単なリース。
(水を含んでいるので基本は平置き)

生花を一緒にいれて楽しむデザインにはこのタイプ。

①直径20センチのリング使用
②モミ枝チップ2.5本を使用
③完成品直径約30センチ


かなり細かい部分や太い枝の部分、
ちょっと汚れた葉なども余さず使用しましたので
実際に作る時は もう少し余裕を見て頂いたほうがよいかと思います。
分量を参考に、作りたいサイズや入れる量を検討してみてください。

 

▼モミ・リース類の販売ページへすすむ


モミをパーツにカットし足元の葉を取っておきます。先端だけでなくできるだけ軸も使います。


ちょベースにさして行きます。
輪郭を整えながら同方向にナナメにさして行くようにすると素敵にできます。


1本分で側面を1周できました。(内側もまだです!)
生花を指す場合は花の刺さるスペースも考えて
この後のモミの分量を考えていきましょう。


上面は斜めに立ち上がるように
こんもりと挿していきます。
内円はパーツを短めにして細かく埋めます。いま1.5本分くらい。


2.5本使ってこのくらいのができました。
出来上がり直径30センチくらい。





モミ・リース類の販売ページへすすむ

花材ページへ戻る
- スポンサーリンク -