東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

 

夏季タイムサービス便ご利用のおすすめ(生花)

夏季の生花品質保全のために

はなどんやではクール便出荷は原則廃止※(こちら参照)とさせて頂いております。
クール便に代わる夏場の生花品質保全のために、
(火)(木)(土)曜日着のタイムサービス10時便のご利用をおすすめ致します。

また、はなどんやでは様々な品質保持への取り組みを行い、夏の品質対策を行っております!詳しくはこちら



タイムサービス便おすすめの理由

タイムサービス10時便には、生花品質、着荷時間等に関して様々なメリットがあります。

涼しい時間帯、最短の輸送時間 夕方~夜間~早朝の涼しい時間帯に配送。
お花がいちばん新鮮!
(火、木、土着タイム10時)

輸送時間が短いため、お花が一番新鮮。
傷みのリスクも少なくなります。
特に、 火、木、土曜日着のタイムサービス便10時着を
ご利用の場合、花傷みのご報告が非常に少なく、
皆様から寄せられたご意見をもとに集計したデータからも、(火)(木)(土)着のタイムサービス10時便のご利用は、夏場の品質保持に対して非常に有効という結果がでております。

切らずにそのまま梱包可 長いものは長いまま出荷できます。(1メートル以下)
(航空便にてサイズ規制が発生する地域は除きます。)
遅延のリスクが緩和されます。 有料時間指定ですので、通常指定よりも遅延リスクが緩和されます。
冷害の心配なし! 冷えすぎ、気温差によるダメージがありません。

常温配送が不安な方へ

夏はクール便でないとまったく使えない、と思ってらっしゃる方も多いと思いますが
クール便での冷却はお花にとって必ずしも良いものではなく、
生花にとっての最適気温、湿度を約束するものではありません。
冷えすぎ、気温差によるお花へのダメージ、開花しすぎもリスクとして持ち合わせているため

夏場でもクール便は全く使わず、タイムサービス便の午前受取りにされるお客様も数多くいらっしゃいます。
特にお花屋さん、デザイナーさんなどお花のプロの方が多く、
クール便と比較しても、そん色のない状態でお送りさせて頂いております。


弊社の過去の夏季発送データからも、クール便で日中や夜間、遠方で2日後のお受け取りにされるよりは、
常温であっても(火)(木)(土)午前中受取の方が、
配送中劣化が少なく品質への満足度が高いという結果が出ております。

常温配送にもご安心頂くとともに、(火)(木)(土)午前中の受け取りにご協力頂きたいと思います。
  また、比較的暑さに強い花材をご選択頂くことも重要なポイントになってくる季節です。


遠方のタイムサービス利用について

1.タイムサービス10時便を使っても、日中輸送になる地域があります。

北海道・東北(秋田・青森)・和歌山・中国・四国・九州・沖縄・離島地域

こちらの地域に関しましては遠方のため半日ほど出荷が早く
前述の「タイム10時便は夕方~夜間~早朝配送」にはあてはまりません。
北海道、九州、沖縄につきましては後述の「超速便」をおすすめします。

例)月曜の正午に弊社出荷→終日常温輸送→火曜日の朝10時まで必着

2.北海道・九州・沖縄は超速便(648円/価格据え置き)の利用が可能です。

超速便は、弊社を夕方に出荷致します。
午前指定であれば他地域のタイムサービス便10時便と同じ最短輸送が可能ですので
遠方の方は超速便のご利用をおすすめ致します。

ただし、各地域、県により最短時間指定が異なります。
また、日曜、祝日の出荷分には超速便が使えません。

都道府県 超速便 最短時間 備考
北海道 札幌市 午前 そのほかの地域はお問合わせください。
福岡県 午前 離島は地域は基本不可
佐賀県 午前  
大分県 14時~  
長崎県 14時~
一部不可地域、18時以降地域あり
熊本県 14時~  
宮崎県 14時~ 一部地域18時以降
鹿児島県 14時~ 離島地域は基本不可
沖縄 午前 離島地域は基本不可


クール便利用における免責事項

どうしてもクール便をご希望されるお客様には、個別に金額を確認させて頂きます。
料金は基本的には「基本クール便料金(648円)×出荷箱数」となります。
ご注文時にお問い合わせくださいませ。
※遠方地域はこの限りではありませんのでご了承下さい。

①花材のカット※特に重要

 クール指定の場合、花材を56センチ以下にカットします。
(花頭から天井までの隙間も必要ですので、正味50センチ以下を想定ください)
長い花材は長いままで欲しい場合は、クール便はご利用頂けません。

②クール便による花材の劣化

クール便による冷えすぎが原因の劣化には対応できません。
アンスリューム、ラン類、南国系の葉もの類はとくに寒さに弱いためリスクがあります。
これらの花材の極端な茶変、花しみ、焼けは凍結のケースが多いですので
クール便はおすすめしません。

③最寄の営業所からお届け先までのクール配送ができない場合

地域によっては、最寄営業所から出る配送車両のクールスペースが小さい、または無い場合があります。
その場合はやむを得ず常温スペースに積まれて届きます。
大変申し訳ございませんが、個別の確認は難しい部分ですので
あらかじめ最寄のヤマト運輸さんにお問い合わせください。
この場合もクール料金等の返還は致しかねますのでご了承ください。



クール便発送 原則廃止の理由

2013年秋以降、報道でも大きく取り上げられたのでご存知の方も多いことと
思いますが、配送委託会社のヤマト運輸におきまして、クール便の荷物が
正しく冷蔵状態で運送されていないケースがあったことが問題化しました。

この問題の改善策として、ヤマト運輸より「今後は120サイズ以下の荷物しか
クール便を受け付けない」という通達が参りました。

120サイズとは箱の縦・横・高さの合計が120cm以内という意味で、
これは大・中・小・ミニと4種類ある はなどんやの箱のサイズの中では
ミニ(緑色の印字の箱)のみとなってしまいます。
更に、ミニ箱においても1箱のクール便料金が648円と、これまでの
3倍(以前は210円)の価格に変更となりました。

つきましては、これまで配送において「全国一律、量に関わらず同料金」を
設定して参りましたが、弊社として吸収できる範囲を大きく逸脱してしまいました為、
今夏のクール便発送を原則として中止させて頂くことに致しました。

ただ、花材、ご用途、送り先などの諸事情により、どうしてもクール便を
利用されたいというお客様とは個別に料金をご連絡させて頂いた上で、
クール便発送をさせて頂くことは可能ですので、その際はお早めにご相談下さいませ。

弊社と致しましてもヤマト運輸との交渉など鋭意努力を重ねて参りましたが
ヤマト運輸の運賃値上げとクール便配送の徹底という方針のもと、
やむを得ず今回の改定となりました。
何卒ご理解の程よろしくお願い致します。


 

 

以上、花の鮮度管理が難しいシーズンになりますが、なるべく良い状態でお届けし、ご利用頂けるよう、創意工夫と努力を重ねて参りますので、ご理解ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


はなどんやでは様々な品質保持への取り組みを行い、夏の品質対策を行っております!詳しくはこちら

  • はじめてのお客様へ
  • ご利用ガイド
  • お買い物ナビ
  • はなどんやの品質基準
  • お花の水上げ方法
  • よくある質問
  • 直前販売・トモローフラワー
  • 新規会員登録
- スポンサーリンク -