うきうき花レシピ 『チューリップとミモザの流れるブーケ』

チューリップとミモザの流れるブーケの作り方

 

 

作品のテーマ

春の花 ブライダル・レッスン/『チューリップとミモザの流れるブーケ』

近藤先生より

チューリップには、様々な種類(一重咲き、百合咲き、八重咲き、変わり咲き)があって、さらに、時間が経過してから、上に伸びるもの、下垂するもの品種によって変化の仕方も違います。
今回は、主に、下垂生の特徴を持つ、チューリップを選んで、流れるブーケを作ります。
ご自宅などでは、棚の上など、高い位置から飾ると美しいです。

予算:3名で約13,000円のレッスン花材です。

難易度

★★★★☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
百合咲きのチューリップを使用して、流れるブーケを作ります。
近「チューリップの茎は、下にカーブするので、それを上手に使います。
また、百合咲きのチューリップは、首がとてもよく伸びるので、伸びても気にならないような形に作ってあげるといいと思います。」
濱「いいですね。確かに気にならないです。」

STEP.2

画像先の綺麗な花を先端にもってきます。
近「小さくて綺麗なのを見つけてね。」

STEP.3

画像濱「自分でどう作っているか、分かりずらいです。」
近「できるなら、鏡を見ながらが作りやすいです。」
濱「ここには、鏡ないです。」
近「先生が持ってあげるので、見てみましょうか。」
濱「ありがとうございます。レッスンでしたら見せ合うことも可能ですね。」

STEP.4

画像ミモザを挟みながら、チューリップを入れます。

近「このような形でもスパイラルに組むことが多いですが、チューリップは折れやすいのでクロスして組まず、だんだんに重ねていくだけでいいと思います。」

STEP.5

画像流れる形が分かりますか?

STEP.6

画像今回、バレリーナが咲いてきていたので、上の方にしてみました。
近「先に茎の長さや咲き具合をみて、先の方に入れるか、中間に入れるか、短かめに入れるかを考えておいた方が素早くできると思います。」

STEP.7

画像華やかになってきました。

STEP.8

画像正面から見てみます。

STEP.9

画像横から見ると、形が良く分かります。

STEP.10

画像縛って完成。

STEP.99

画像流れるチューリップをそのまま形にしたブーケです。
八重咲きのチューリップを入れるときは、上の方(短い部分)に使用してみましょう。

おまけで、最後に羽衣ジャスミンを入れました。ちょっといい感じになります。

作成2017/1/24

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP