#おうちで花レッスン 応援!

うきうき花レシピ 『レイの作り方  メイキング研究会 カーネーションその1』

レイの作り方  メイキング研究会 カーネーションその1 の作り方

 

 

作品のテーマ

夏 レイ/『レイメイキング研究会 カーネーション その1』

近藤先生より

今回はニードルを用いて製作します。
子房の部分を挿していきますが、縦挿し、横挿しで出来上がりが変わってきます。
単位長さあたりの花数を計算して、花を用意します。
スプレーマムなどで作っても可愛いです。
同じお花でも大きさが異なる場合は、小さい→大きい→小さいと並べると綺麗にまとまります。

難易度

★★★☆☆

 

材料

スプレーカーネーション  20本
————-資材————
レイニードル または、ぬいぐるみ針  1本
 適量

作り方

STEP.1

画像【準備】
糸 レース糸 #40
針 レイニードル(レイ用の針・左側)または、ぬいぐるみ針(中央)普通の針ですと長さが短い為、花を紡ぐにはちょっと大変。
私は、ぬいぐるみ針が使いやすかったです。

STEP.1.1

画像最初に糸の準備をしましょう。
カーネーションの茎に糸を縛り、仮留めを作ります。
これは、お花が抜けないようにするための工夫です。そしたら、針に糸を通します。
この時、レイニードルですと鈎針なので糸の抜き挿しが楽楽です。

STEP.2

画像近「レイの花の紡ぎ方ですが、2パターンあります。」
①花を横から挿していく。
②花を上から、または下から挿していく。

STEP.3

画像①のパターンをやってみましょう。
カーネーションの花の元の所に針を刺して、糸を通します。10輪通してみました。

STEP.4

画像近「通すだけだと、花向きが一列に並んでしまうので、左右に花の向きを振って、このように全体に花が見えるようにします。」
濱「すごいモフモフしてますね。」
近「この方法ですと、一番花数を使いますが花に厚みがでます。」

STEP.5

画像10輪で約10㎝になりました。

STEP.6

画像近「長さ80㎝で作りたいと思いますので、約80輪くらいのカーネーションが必要になりますね。」
濱「先に切っておきます。」

STEP.7

画像今回は『メイキング研究会』なので、分かりやすく事前に花を数えておきましょう。
10輪ずつで分けました。

STEP.8

画像ひたすら針を通していきます。

STEP.9

画像良い感じです。

STEP.10

画像花を通し終わったら、留めの部分にリボンを付けます。
近「もう少し花を長くしてもいいですし、このようにリボンを付けると長さの調節がしやすく、取り外しもスムーズだと思います。」

STEP.99

画像①のパターン完成。
左右に振りながらつなげていくので、思ったよりも長さが足りなくなりました。
花の大小もありますので、100輪は必要かと思います。

ボリュームたっぷりのスプレーカーネーションのレイ。
こちらは本数多めに準備が必要です。

作成2016/7/26

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪



PAGE TOP