スズランとスイトピーのホワイトブーケ

スズランとスイトピーのホワイトブーケの作り方

 スズランとスイトピーのホワイトブーケ

 

作品のテーマ

初夏ブライダル/『スズランとスイトピーのホワイトブーケ』

近藤先生より

宿根スイトピーとホルジュームにスズランを合わせたブーケ。
晩春~初夏のブライダルにオススメです。
ホルジュームのナチュラルな素材感をいかしたブーケです。

難易度

★★★☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「初夏のブライダルブーケを作ってみましょう。
きみどりがかって、これからの時期にぴったりですね。」

STEP.2

画像スズランは、後から外側に使うので、水に付けておきましょうか。

STEP.3

画像近「まずは、スイトピーとホルジュームで作っていきましょう。
初めはパラレルで、少し太くなったらスパイラルで組みましょう。」

STEP.4

画像近「『ホルジューム』ナチュラルで、かわいいと思います。
『麦』だとすごく固い印象だけと、これだとやわらかーい感じで…。」
濱「風になる?」
近「そうそう、『初夏の風』。」

STEP.5

画像近「ガーデンウエディングで、レースみたいなドレスとか、アンティークな雰囲気とか似合うかな。」

徳「写真がぶれる…」
近「ホルジュームの先っぽに焦点が合ってしまうんでしょ?」
徳「そうです。更に、ユラユラ揺れるから難しい。」

STEP.6

画像近「スズランは見えるように、外に入れましょう。
葉も一緒でいいですね。
ブライダルで使用するときは、もう少しスズランを入れてもいいと思いますよ。」

STEP.7

画像ミスカンサスを真ん中辺りでくるりとして、回りに入れていきます。

STEP.8

画像近「ミスカンサスを多目に入れて、ステムを隠すようにすると綺麗でしょ。」
徳「ナチュラル感がいいですね。」

STEP.9

画像近「切り揃えるときは、ミスカンサスを切らないようにして、他の茎のみを切ってみましょう。」
濱「ミスカンサスの先の部分を残すんですね。」
近「そうそう。」
徳「ますますナチュラル。」

STEP.10

画像青いリボン付けてみました。

STEP.11

画像

軽くてとても持ちやすいと思います。
予算もお手ごろ♪
すずらんのある時期は、ぜひ使ってみてください。

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP