秋のラウンドクラッチブーケ – うきうき花レシピ

うきうき花レシピ ネリネ、シンホリカルポス、ダリアなどの秋花材を使った、クラッチタイプのラウンドブーケです。

 

 

【作品のテーマ】秋ブライダル/『秋のラウンドクラッチブーケ』

◎近藤先生より

ネリネ、シンホリカルポス、ダリアなどの秋花材を使った、クラッチタイプのラウンドブーケです。
ハランに一工夫して、花留めにしながら作っていきます。
和な取り合わせですので、和装用ブーケにもオススメです。

★★★☆☆

【花材準備】
近「秋を感じる白とグリーンの花材です。」

近「旭ハランで一工夫し、花留めになるようにします。」
①中心を途中まで裂きます。

②半分にした片方を手に取ります。
中央辺りに穴を開けます。

③開けた穴に先を通します。

④くるりとさせて…

⑤ホチキスで留めます。

⑥左右、両方を同じようにくるりとします。
このようになりました。

近「作ったハランを5本ほどまとめます。これで、花が留まると思います。」

次にシンホリカルポスを入れましょう。
近「シンホリカルポスも花が留まるので、花束にしやすくなると思います。」

グルーピングしながら、他の花材を間に入れていきます。
徳「今回のアナスタシアは少し小さいですね。」
近「そうよね。もう少し大きいとバランスが良くなるんだけどな。
全体が、同じくらいの大きさの花になってしまった。」

濱「どうでしょう?
花留めのおかげて、よく出来たように思いますが…。」
近「うんうん、いいですよ(^^)」

キュッと縛って完成です。

秋ブライダル向けクラッチブーケ。
和装にも似合いそうです。

旭ハランを花留めに使うことで、組みやすくなっています。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP