うきうき花レシピ 春のおとずれ~廃墟の花~

うきうき花レシピ 春のおとずれ

 

 

【作品のテーマ】早春/『春のおとずれ(アネモネで)』

◎近藤先生より

冬の枯れ枝から『春のおとずれ』というイメージをもとにデザインしました。
アネモネはオアシスで活けると挿しにくかったり、折れやすかったりするものです。
錦木のフレームを作り花留めにします。

★★☆☆☆

アネモネ モナリザ〔MIX〕  5本
錦木  2本
水盤(黒)  1個
リースワイヤー  1個
【花材準備】
近「花材は2点のみです。」

錦木をカットして、ところどころリースワイヤーで留めます。
近「留めるところを水引きや色ワイヤーにすると、カラフルにすることも出来ます。」

組合わせて、立たせます。
濱「倒れそう…」
近「太目の枝を3、4本立たせ、そこに斜めに枝を掛けてみましょう。
水盤の縁にうまくかけると立ちますよ。」

近「こんな感じでしょうか?」

近「アネモネを入れていきます。
今回は、茎の曲がりが作品にピッタリ!!」

冬からの春のおとずれ。
数日後、開いたアネモネが廃墟から健気に咲くようで…、心の温まる作品になりましたよ(^^)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP