うきうき花レシピ ひまわりの三方見アレンジ

うきうき花レシピ ひまわりの三方見アレンジ

 

 

【作品のテーマ】サマーレッスン /『ひまわりを使って』

◎近藤先生より
ひまわりと季節の花を使った大きめのアレンジメント。
ブラウン系のシックな色でまとめました。630度で「ユウン」で入れてもいいし、180度で「ファン」で入れてもいいですね。
ラインフラワー、マッスフラワーなどの役割を良く考えてからアレンジしてみましょう。
大き目の「つぼ」を使うならば、ワイヤーで花留めして、水でもアレンジできますよ。

【アレンジ難易度】
★★☆☆☆

ヒマワリ チョコフレーク  5本
トルコキキョウ アンリ  3本
エレムルス(オレンジ)  3本
レインボー入才  5本
ベニスモモ(枝物)  2本
ジニア  2本
SPカーネ(ピンク)  3本
(資材)茶色の花器  1個
(資材)オアシス  1個
【花材準備】
チョコフレークに合わせて、ブラウン系の花材です。

エルムレスです。
全てが一緒に咲くことはないので、真ん中部分を咲かせて、下の部分はカットします。

このように、ナイフなどで枯れている部分をカットします。

花器に対して、3等分で線を引きます。

近「後ろ1/3の、この部分に挿していきますよ。」
近「では、久しぶりの大きなアレンジ、濱野さん、やってみましょうか?」
濱「えっ、はい!がんばります!!」

近「1本目を入れていきましょう。長さは、だいたい花器の3倍くらいにします。」

ベニスモモを、左右に手のように挿して行きます。

前方に1本、左右より短く。
1本目と前方の線を結ぶ中間に1本入れます。
近「これが基本の形になります。」

近「レインポー入才はそのまま使用してもいいですが、半分に裂いて使ってみましょう。」

近「そうすることで、やわらかな線を出すことができますよ。」

基本の形の花と花の間を結ぶように埋めていきます。

横から見ると、前から後ろに線になってます。

ベージュのトルコキキョウを使って、間を埋めます。
濱「この辺りに、エルムレスをもう1本でしょうか。」

濱「どうでしょうか?」
近・徳「いいね(^^)」

色合わせが素敵なアレンジです♪
季節感を出しながら、基本形のレッスンとしてもバッチリです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP