うきうき花レシピ 秋の実物のガーランド

うきうき花レシピ 秋の実物のリース

 

 

◎近藤先生より
秋にしかない実物を使って、ドライのリースを作ります。
ラウンドもいいですが、馬蹄型の流れるスタイルで。

【アレンジ難易度】 ★★☆☆☆

ツルウメモドキ  2~3本
赤づる  2~3本
カラスウリ  2本
バルーンペッパー  10本
オクラ  2本
タカノツメ  2本
(資材)ワイヤー  個
近「ツルウメモドキを手でしならせながら、曲線になるようにします。」

近「ツルウメモドキと赤づるで馬蹄型に整えましょう。」
「枝が固くて難しい場合は、初めに茶色のアルミワイヤーで型を作り、そこに絡ませるのがオススメです。」

カラスウリはガーランドをして、絡ませていきます。
今は緑色ですが、このまま時間がたつとちゃんと赤くなりますよ。

「ここからは、掛けてからやりましょうか。」

バルーンペッパーオクラなど枝のつかない実ものは
しっかりワイヤリングします。ドライになるとワイヤから抜けおちやすいので
細めのワイヤでしっかりとしばります。
実にワイヤを挿したほうがよりしっかり固定できると思います。

では、実物を取り付けていきましょう。

オクラは実が大きめなのでボリュームを持たせたい中心に。
クロスするように2本使ったりするとカッコイイ。
バルーンペッパーは数個をまとめて一つの飾りのようにして使っても、可愛いです。
トウガラシも房をひとまとめにして使います。
基本は先端にかけて細くボリュームも落していきます。

流れるような曲線と、実物の可愛らしさがとても素敵なガーランドになりました。
秋ならではの作品ですね。このままドライになって長く楽しめます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP