うきうき花レシピ ロマンティックローズバスケット

うきうき花レシピ ロマンティックローズバスケット

 

 

◎近藤先生より
淡いピンクとセピア色で、優しい秋色のアレンジです。
アイビーやスカビオサをツルに沿って流れるようにアレンジしていきます。
まかれたシリーズのアレンジとなります。
花器のサイズで5人で10,000円でも、3人で10,000でも可能です。

【アレンジ難易度】 ★★☆☆☆

ロマンティックな色合いの淡いピンクの花材を準備します。

花器によっては、オアシスの下に、セロファンを敷いて下さい。
これは穴あきの鉢なのです。(^^;
セロファンは余分にはみ出た部分を切り取ります。

赤つるを入れます。
やわらかめの枝を選んで。

赤つるをドーム型にからめるように曲げていきます。
あまり入れすぎるとお花を挿しにくくなるのでほどほどに。
オアシスに挿すだけでは形づくりにくい枝は
Uピンでとめます。

オアシスと接する部分は、Uピンで留めます。
また、上のほうで枝と枝がぶつかる部分は
細いワイヤーで接合して置くと安定します。

最初は、中心にバラ(アートラブ)を入れます。
ぺたんこになりすぎないように高さを残します。
今回テーマのセピアロマンティックの色となります。

次に大きめな花のセダムを入れましょう。
埋めの素材なので低めにこんもりと。
セダムは時期によって色が変わってくるお花ですね。

間、外側に葉物を挿して行きます。
バジルダークオパールです。
今の時期はボリュームもよく、紫色の葉と花穂が
季節感にぴったり!バジルの香りも楽しめます。

バラ(ノスタルジックロマンス)も入れましょう。
挿す茎の向きは、全て中心に向くように心掛けて。

近「バラはまだつぼみですがこれから咲いてきますので
詰めすぎないように!咲いたときに余裕のあるスペースで
挿して行きましょう。」

細めのバラやつぼみは、少した高さを出してもok。

アイビーは、そのままですと暑苦しいので、葉を少し整理してから使います。。

整理したら、赤つるに絡ませながら、上に登ってくる感じで。

スカビオサをピョンと飛び出るように入れていきます。
近「赤つるからは飛び出しすぎないように。かごの中のイメージです。」

セピア色の可愛らしいバスケットアレンジです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP