うきうき花レシピ ハロウィンシーズンバスケット

ハロウィンシーズンバスケット

テーマ:ハロウィンレッスン
作品イメージ:ナチュラルバスケットに季節の盛り合わせ
色イメージ:オレンジ×ブラウン

近藤先生からひとこと:おもちゃかぼちゃは大きくてアレンジに入れてもバランスがとりにくい素材です。そこで、大きなバスケットにアレンジした容器に入れて、かぼちゃと一緒にもりつけてみよう~。

★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?

【使用アイテム】

・おもちゃかぼちゃ5~6個(バスケットの大きさによって、数が変わります。)
・つるうめもどき
・ガーベラ ショコ
・ガーベラ (黄色)
・ブラックビューティー
・SPバラ テディベア
・ファーガスの葉
・ユキヤナギ(紅葉染め)少し

・木製のバスケット(もちろん籐製のバスケットなどでも良いですよ。)
・アレンジ用ベース(バスケットに入る小ぶりなポット)
・シサル麻
・オアシス

・飾りつけ用

他のレシピを見る。

左から
・ファーガスの葉
・つるうめもどき
・ユキヤナギ(紅葉染めを使用)
・ブラックビューティー
・SPバラ テディベア
・ガーベラ (黄)
・ガーベラ ショコ
・おもちゃかぼちゃ
・木製バスケット&オアシスの入った小さなポット &シサル麻

バスケットの中にはシサル麻をほどいて適当にくずしながら敷きます。 オアシスの入ったポットをその上に乗せて、はい、セッティングOK!ポットはどちらか端に寄せて置いてね。
近藤「かごのセッティングが出来たら、まずはファーガスを敷きます。ファーガスは水につけなくても大丈夫だから、そのまま適当な大きさにしたものを敷くだけで良いですよ。そしたら、ファーガスの上に、おもちゃかぼちゃを何個か乗せてください。」

では、大きな素材から、
近藤「ツルウメモドキをオアシスに挿します。飛び出す感じに、少し垂れ下がっていってもいいよ。かぼちゃ側にも向けても何本か挿してね。」

次にユキヤナギを挿します。
近藤「ツルウメモドキに沿うように挿していってね。」

ここでオアシスが丸見えなので、少し隠すために再度ファーガスの葉を何枚かオアシスに挿していきます。

近藤「ここでやっとお花が登場~。ガーベラ ショコを1本高めに中心近くに挿してください。」

角度を変えてガーベラ ショコをもう1本

近藤「黄色のガーベラは垂れる感じに少し長めに挿します。」

近藤「ガーベラがまるでかごからあふれて出てきたようなイメージになればいいんだけど。」

バラのブラックビューティーを何本か挿します。 近藤「濃いめの色が入ると全体の印象もひきしまるね。」

横から見た図

SPバラ テディベアを何本か入れます。
近藤「テディベアを入れたら、また印象が変わった感じするね。このほかにカラスウリなどいれてもいいですよ。」

カントリー風、秋色いっぱいハロウィンの出来上がり~
近藤「イメージはお花がかごからあふれ出ている感じです。ガーベラも雪柳もかごから垂れて下がってきているのがきれいでしょ?」
徳久「本当にかぼちゃは大きいので持て余しちゃって、どうしたらいいのか、と思っていたけど。 こういう使い方をすれば、おしゃれに飾れるね!」
武石「色の組み合わせと花材の組み合わせが気に入っちゃった!家でもこんな風に飾ってみたいな♪」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP