ハーバリウムボールペンの作り方 ~手元で揺れる癒やしのお花~

大好きなハーバリウムをどこでも手軽に持ち歩けて、事務作業中も手元で揺れるお花に癒やされる…。
そんな夢のようなボールペン。作り方もほぼハーバリウムと一緒で、簡単です。
作成キットはペンケースもついているのでプレゼントにも最適です。
そんないま大人気のハーバリウムボールペンの作り方を紹介しますね。

ハーバリウムボールペンのご購入はこちら

作り方

(1)ボールペン本体とハーバリウム部分をわけます

まずは、ボールペン本体とハーバリウム部分をわけます。
差し込み式(ネジではない)なので、けっこうキツくつながっています。
軽く左右に揺らしたり回したりしながら引っ張ると、ポンっと離れてくれます。
その時、リングをなくさないようにしてくださいね!

※はなどんやスタッフ注
逆にユルユルの場合もあります。その場合は、最後にグルーなどの接着剤で止めていただくようお願い致します

 

(2)部品とオイル漏れの確認をします

部品を確認します。
本体も大事ですが、なにより『中栓』がないと作れません。リングもボールペンとハーバリウム部分を分けたときに無くさないようしてくださいね。

調べたところ、ときどき『オイル漏れ』がおきてしまう物もあるそうです。
ハーバリウム部分に水を入れて漏れてこないか確認します。

”軽く”中栓でフタをして、水漏れしてこないか確認しましょう。
この作業でハーバリウム部分の中にあるゴミ等も取れてくれるので、一石二鳥です!
その後、しっかり水分を拭き取って、完璧に乾燥させてくださいね。

 

(3)お花とオイルを入れます

ボールペンなのでハーバリウム部分の内径は7mmぐらいしかありません。お花が入るかどうか確認しながら、配置を計画します。

まず、先に少しだけオイルを注ぎます。(スポイトやハンドメイド用の注射器などを使うと注ぎやすいです。)
※オイルがこぼれることもあるので、ティッシュの上で作業をしています。

作業中は、ペンケースについているホルダーを使うと、作業がしやすいですよ。

花材を入れていきます。
ピンセットは奥まで届かないので、竹串などを使うと作業がしやすいです。

かすみ草のように空気が抜けにくい(内部に空気を含んでいる)花材は、あらかじめ別の容器に入れておいたオイルに漬けて空気を抜いておくと、仕上がりがきれいになります。

『花材を少し入れたら、オイルを少し注ぐ→また花材を入れる、オイルを注ぐ』を繰り返すと、空気が抜けやすいです。

入れ終わりました。

 

(4)中栓をつけます

まずは、オイルを口のすぐ下まで注ぎます。
※はなどんやスタッフ注:オイルは高温でごく若干膨張するため、気泡一つ分くらいは空気を残しておいた方が安心です。

中栓を軽くはめます。
ここから先の作業は、オイルをこぼしてしまう可能性があるので、下に受け皿やティッシュ等を用意したほうが良いでしょう。アルコールを含んだウェットティッシュがあると、オイルを拭き取りやすいです。

爪で栓の側面を押しながら栓を差し込んでいきます。すると、中のオイルと空気が少しずつ出てきます。
出てきたオイルで指がかなり滑るんですが、頑張って空気を抜いてくださいね。

※はなどんやスタッフ注
ペンによっては、どれだけ押し込んでも中栓がはまらないものがあります。その場合は、中栓を削るか、グルーなどの接着剤で止めていただくようお願い致します。どうにもならない場合は、大変お手数ですが当店までお問い合わせください。

写真ぐらい(栓が出ている部分が1mmぐらい)まで、中栓を差し込みます。
※ここまで差し込むと外れることはないと思いますが、心配な方は接着剤を栓と口の部分に塗っておいてくださいね。

ハーバリウム部分ができました。
※アルコールを含んたウェットティッシュでオイルをきれいに拭き上げてくださいね。

 

(5)ボールペンを組み立てたら、完成です

リングをつけます。

ボールペン本体にハーバリウム部分を差し込みます。
※隙間なくはまるものとそうでないものの個体差があるようです。心配な方は接着剤を塗ってから差し込んでくださいね。

完成です♪
水色のボールペンもつくってみました!

 

使用した材料

Gracias/ハーバリウム用ペンSS (スマートタイプ) カラーアソート/C-211
浮游花/ハーバリウムオイル(ミネラルオイル) 2L 詰め替え用
花材…スターフラワー、ドライ・かすみ草、プリザーブド・アスパラ など

 

終わりに

ずっと気になっていたハーバリウムボールペン。やっと、はなどんや様に入荷して、手に入れることができました。
だけど、作り方がわからない! インターネットで調べに調べて、どうにかこうにか作ることができました~♪
可愛いですね! 気分がウキウキです♪
花材もサイズもレジンと変わらないし、空気を抜きながらの作業も同じだし、むしろ入れた液を固めないでいいので、私としてはとても簡単な作業でした。
指がちょっとオイルまみれになりますが、みなさんもたくさん作ってみてくださいね。

ハーバリウムボールペンのご購入はこちら

この記事を書いた人

花ごよみ 山高紀子
佐賀市で、プリザーブドフラワーを中心につまみ細工やレジンなどをあわせて、お花モチーフの作品を制作・販売しています。和風のデザインが得意です♪
また、アトリエではプリザーブドフラワーのプチアレンジ教室も開催しています。
>>記事一覧
>>WEBサイト

インスタグラムも更新中!フォローお願い致します♪

PAGE TOP