.

東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

うきうき花レシピ 秋風

Published at 2011/06/10 3:29:15
うきうき花レシピ 秋風
 

テーマ:秋レッスン
作品イメージ:植生的なアレンジ 
色イメージ:ピンク×紫

 

近藤先生からひとこと:

直線と曲線をMIXして「より自然な感じ」と出して活けましょう!

360度展開のアレンジです。

 

★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?


【使用アイテム】
・リンドウ(紫)3~4本
・リンドウ(白)3~4本
・ワレモコウ 3~4本
・オミナエシ 3~4本
・コスモス(ピコティ) 10本
・アスター(紫) 3~4本
・ホトトギス 5本
・グリーンスケール 5本
・フジバカマ 3~4本
・ゲイラックス 少々
・ヒカゲカズラ
・山ゴケ
※本数は最終的に使用した本数を目安に書いています。花器の大きさや他の花材のボリュームによって適宜調節してください。

・花器(白の丸水盤型)
・石(適宜)

他のレシピを見る。

オアシスを適当にカットして、島を2つ作る感じで。

石を置いたりして、自然な感じを演出してみてください。 ちなみに石は近藤先生のお家の近くで拾ってきたものです。

花材、左から
・山ゴケ
・グリーンスケール
・フジバカマ
・オミナエシ
・コスモス(ピコティ)
・アスター(紫)
・リンドウ(白)
・リンドウ(紫)
・ゲーラックス
・ヒカゲカズラ

近藤「リンドウはなるべく細い線のものがいいな。秋らしさを出したいのでね。今日のリンドウの紫は頭が重たいから、間引いて使うけど、それでもボテっとした感じなので若干短めにします。」

近藤「白いりんどうは細くてきれいなので、右側に長めに挿しました。」

コスモスも長めに何本か挿します。

近藤「今日は8:5:3の比率などはあまり気にせずに寄せ植えをしている気軽さでアレンジしてみよう~。もう1本短めにりんどう紫を前に挿しましたよ。」

グリーンスケールも高く挿します。
近藤「風になびくような感じが出せたらいいね~。」

近藤「フジバカマを短めに右側の手前に挿します。」 

フジバカマの前にもっと短く前に倒し気味にホトトギスをいれました。(ちょっと画像だとわかりにくくてすみません。)
近藤「長いところから作っていって、短くが基本です。」

近藤「今日のコスモスはきれいだから、もっと入れちゃおう~右のほうだけでなく、左の後ろの方にもいれて、向こう側から見てもきれいなように意識してね。  どこからみても良いように、コスモスの花の向きをあっちこっち向けて挿すといいよ。」

左側うしろにも、奥行きを出す為に短い花を挿します。左奥にフジバカマを短く挿しました。

オミナエシも入れました。 アスターは枝分かれしているところから、切って、挿していいくらい短めに使って、前の方に挿します。 ワレモコウを長めに入れました。 バランスを考えて、グリーンスケールも足したりしてみました。

仕上げに山ゴケを全体に敷いて、オアシスを隠します。 ところどころにヒカゲカズラを短く切ったものを挿したりすると、さらに雰囲気が出てきます。 ゲーラックスを何枚か挿すとかわいいよ。右うしろに挿しました。

夏とはまた違う雰囲気に出来上がってます。

近藤「普段から自然を観察して、自然をお手本にするといいよ。自然の風景が出来上がったかなあ?」
武石、徳久「季節感あふれるアレンジだあ。本当に秋風が吹いている感じがするう~。」
秋はもう、すぐそこまできてます♪

●関連するコンテンツ
大型アレンジ・ パラレルアレンジの作り方 | 秋 10月のフラワーアレンジ | 和風アレンジの作り方



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -