#おうちで花レッスン 応援!

うきうき花レシピ 忘れないでの花束

作品のテーマ

春の花 レッスン/『小花のブーケ』

近藤先生より

「忘れな草」を使った小花ブーケです。他のお花と使うと埋もれてしまいがちな草花なので、花の種類を押さえてシンボルになるデザインにしました。

難易度

★★★☆☆

 

材料

作り方

 

STEP.1


今回は忘れな草、染めブルーのアスチルベのみ。主役は忘れな草です。カラーの麻紐でしばります。

STEP.2

下葉を取り除きます。密集すると葉は傷みやすいのでやや上の方まで葉は取り除いておきます。

STEP.3


まずは数本をざっくり手持ちにし、これを軸にしてスパイラルを組んでいきます。

STEP.4


白とブルーだけなので色の配置は気にせずに色とりどりに配置してOKです。通常、アスチルベは長めに飛び出させることが多いですが今回はクッション材としてちょっと低めに。

 

STEP.5


染め花材に抵抗のある方もいますが、このアスチルベは本当にナチュラルで使いやすい色です。小花アレンジにおすすめです。

 

STEP.6


忘れな草をたっぷり、軽やかに飛び出てくるような曲線のラインがきれいですね!

 

STEP.7


麻紐でしばり、茎を切りそろえます。

 

STEP.8


ガラス瓶にも同じ麻紐を巻いてみました。野原で摘んできたような雰囲気を大事にしたいですね。

 

STEP.9


繊細な花、というイメージのわすれな草ですがこのようにたっぷりのお水につけられるデザインでは意外に長持ちするのです!
つぼみがありますので、古いお花を散らしながらもかなり長く楽しむことができます。
同時撮影の数作品の中で、どの作品よりもフレッシュとしての息が長かったのは驚きです!!

 

STEP.10


男性からの贈り物・・・だと意味深すぎでしょうか(笑)
花言葉はそのまま「私を忘れないで」悲恋の物語です。



PAGE TOP