#おうちで花レッスン 応援!

うきうき花レシピ『春の小花ダンスのアレンジ』

作品のテーマ

春の花 レッスン/『春の小花ダンスのアレンジ』

近藤先生より

すっきりしたステムの小花や、丈の伸びたチューリップなどもデザインに生かして使うアレンジです。
今回はサンゴミズキの枝をカットしてつなげ、花留めを作ります。
お花は交差するような構成で挿します。今回はサンゴミズキの赤に合わせて全体的に赤~紫系のお花を選びましたが合うお花は沢山ありますので花選びから工夫してみてください。給水フォームが苦手なお花も水付けで楽しめるデザインです。

難易度

★★☆☆☆

 

材料

作り方

 

STEP.1


サンゴミズキは長いものを用意してください。(画像で120cm程度)

 

STEP.2


サンゴミズキをカットしてパーツにしていきます。10cmくらい

 

STEP.3


このような脇枝はカットしないでそのまま残してください。脇枝があると絡めやすくなります。

 

STEP.4


カットしたサンゴミズキのパーツを立体的に重ねて完成図のイメージをしてみてください。

 

STEP.5


枝をバインドワイヤーで留めていきます。主軸だけでなく脇枝も留めていくと外れにくくなります。

 

STEP.6


約5本分をカットしてパーツをつなげます。

 

STEP.7


完成した花留めを器に入れます。

 

STEP.8


枝が赤くてきれいなので花留めが見えていても大丈夫です。

 

STEP.9


お花はステムが細いものや葉がなくすっきりしたものがおすすめです。
ポピーなども合いますね。

 

STEP.10


茎を長く挿していきます。

 

STEP.11


高さも長短の差が出るように単調にならないように意識。
平行になる茎が無いように挿すのがポイントです。

 

STEP.12


輪の大きめのお花は下の方に

 

STEP.13


細い花やつぼみは高さを出すとバランスが良いです。


水に付けるとアネモネなどもすぐに開いてきました。

2018年3月のうきうきセット



PAGE TOP