うきうき花レシピ 『春の白い花(チューリップ・ラナン・フリージア)を活けるアレンジ』

春の白い花を活けるアレンジの作り方

 

 

作品のテーマ

春の花 レッスン/『春の白い花を活ける』

近藤先生より

春の白い花を青文字の枝を使って花留めしていけます。
枝物→花 の順で入れましょう。

予算:3名で約12,000円のレッスン花材です。

難易度

★★☆☆☆

 

材料

チューリップ 〔八重白〕  3~5本
フリージア(白)  6本
ラナンキュラス(白)  3~5本
青文字  3本
雪柳  6本
————-資材————
花器(クレイ/カラーベースラウンドL WHITE)【レシピ使用品】  1個
剣山【レシピ類似品】  1個

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
剣山を使って、花を投げ入れます。

※1月末頃の使用では、花が少し小さ目でしたので予定より花の本数を増やしてアレンジしました。

STEP.2

画像花器に剣山を入れます。

STEP.3

画像まずは、青文字を一本剣山に挿します。

STEP.4

画像作りたい大きさに合わせて、まずは長めの枝を剣山に挿します。

STEP.5

画像青文字を花留めにするので、残った枝を全て入れます。
この時は、剣山に挿さる分は挿すくらいで大丈夫です。細い枝はそのまま入れます。

STEP.6

画像近「写真を撮っておきましょう。詰めて入れています。」

STEP.7

画像次に、雪柳を入れます。
枝を入れて、その後に花になります。

STEP.8

画像近「青文字の間にどんどん入れましょう。たくさん入れて花留めにします。」

STEP.9

画像近「これだけ入れたら、花も留まると思います。」

STEP.10

画像花は剣山に挿す必要はないので、青文字と雪柳の間に入れて下さい。

STEP.11

画像白い花が爽やかです。
近「雪柳も咲いてくれば、もっと全体が白くなってくると思いますよ。」

STEP.99

画像春の白いアレンジです。
剣山を使ったアレンジにしてみました。
剣山を使う時は、力を入れすぎて怪我をしないようにお気を付け下さい。
花器にスポンジを入れて、枝を固定することもできますが、少々花持ちを考えると剣山がお薦めです。

作成2017/1/24

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP