うきうき花レシピ 『入才を編んで作った夏の籠バック』

入才を編んで作った夏の籠バックの作り方

 入才を編んで作った夏の籠バック

 

作品のテーマ

夏 レッスン インテリア/『入才を編んで作った夏の籠バック』

近藤先生より

ガラスを使った夏らしいトロピカルアレンジです。
ガラスの器をバックのようにみたてます。

難易度

★☆☆☆☆

 

材料

斑入り入才  10本
シマフトイ  5本
キキョウ〔紫〕  2本
ハンゲショウ(半夏生)  2本
利休草  2本
————-資材————
ガラス花器  1個

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「ガラスの花器に葉を詰めてバックを作ってみます。」
小さい方の花器には、入才を編んで入れたいと思います。」

STEP.2

画像1本の葉を半分に裂きます。

STEP.3

画像半分にした葉を編んでいきます。
近「上下、上下と互い違いになるように。」
濱「ここ抜けた。修正、修正。」

STEP.4

画像近「大きさを確認しましょう。」
濱「編んだ部分が側面にくるといいんですよね。」
近「側面、底、側面。にするから、編んだところがちょっと中央過ぎた。」
徳「少し横にずらしましょう。」
※大きさに合わせて葉の数を変えましょう。

STEP.5

画像四つ角をホチキスで留めます。

STEP.6

画像このように編んで留めました。
近「なかなか時間がかかるね。」
徳「楽しくおしゃべりしながらレッスンして頂けると嬉しいですね。
濱「楽しいですよ。」

STEP.7

画像近「葉を切ってガラスに入れてみましょう。」
その時、全部を切らないように注意しましょう。(切るのは3カ所になります。)。

STEP.8

画像近「おお!! ピッタリだね^^」
濱「やりました。」
花器の大きさに合わせて、軽く後をつけます。

STEP.9

画像近「底の分を空けて、編んでいきます。」
濱「さっき、花器の中で印を付けたところから編みます。」

STEP.10

画像近「いいねっ!!」
濱「あと、残り半分です。」

STEP.11

画像底の空いていた部分に葉を通します。
濱「上下、上下。」
近「間に入る葉の数が少ない気もしますが…。大丈夫かな。」

STEP.12

画像近「残りもう少し。」

STEP.13

画像余分の葉を切ります。

STEP.14

画像入れてみましょう。

STEP.15

画像入った!!
近「上の部分を少し切って整えます。」

STEP.16

画像最後に取っ手を付けましょう。
2本のシマフトイをホチキスで留めます。
更に2本の足して、ホチキスで留めて、全部で4本にしました。

STEP.17

画像季節のお花を入れて完成です。
近「ここはやっぱり、キキョウかな。」

STEP.99

画像夏のレッスンに。
楽しみながら作って頂くアレンジです。

作成2016/6/28

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

PAGE TOP