サマーグリーンのテーブルアレンジ

サマーテーブルアレンジの作り方

 サマーテーブルアレンジ

 

作品のテーマ

うきうきスチューデント/『サマーテーブルアレンジ』

≪うきうきスチューデントとは…≫
花教室のレッスン向きレシピを掲載。
予算も計算されています。(時期により金額、ボリュームが変動しますので、参考として下さい。)

近藤先生より

この時期に手に入るさわやかなグリーンの花材を使ってテーブルアレンジを作ります。
暑くなるので、オアシスを使わずにワイヤーによる花留め方法をレッスンでもおすすめします。
アルミワイヤーを使った夏を爽やかに彩るアレンジです。

※予算:3名で約10,000円のレッスン花材です。

難易度

★☆☆☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「夏に爽やかなグリーンでアレンジレッスンをしてみましょう。
グリーンばかりでも、素材の質感のちがうグリーンを選ぶことで楽しいアレンジになります。」
徳「『つるつる』とか『もこもこ』とか『ざらざら』とかですか?」
近「そう!」

STEP.2

画像濱「オーニソのこの部分は取りますか?」
近「オーニソは、外側に『がく』が残っていますよね。気になるようでしたら取ってください。」
濱「花びらではないのですね。」
徳「茶色くなっていることもあるかと思いますが、取って使っていただければと思います。」

STEP.3

画像くるくるとしたアルミワイヤーをボールに入れます。
近「はなどんやさんにはグリーンのボールがありましたのでこれを使いましたが、ご家庭にある白いボールやガラスの食器などを使っていただいても良いかと思います。

STEP.4

画像塊のグリーンとして、てまり草とケイトウを使います。

STEP.5

画像近「先にてまり草を入れましょうか。」
濱「向きは色々でいいですか。」

STEP.6

画像近「次にケイトウですね。」
濱「種は取りますか?」
近「今回のデザインでは、横は見えないですし、どちらでも良いかな。」
徳「私は取りたくなっちゃうな~。」
近「種を取ると茎の部分が弱くなりますよね。」
徳「でも、種の部分から菌が出やすいかなっと思って…。」
近「でも、種を取る時にキズになるとそこから菌が出るような。」
近・徳・濱「うーん。お好みか。状況に応じてかな。」

STEP.7

画像ケイトウ入れてます。

STEP.8

画像キキョウランを輪になるように入れます。

STEP.9

画像オーニソをグリーンの上になる長さで入れます。
近「オーニソですが、小さい花ですが目があって目立つじょない?」
濱「目ですか?」
近「そう、この点!」
濱「あ~。」
近「なので、グルーピングした方がいいかなと思います。」

STEP.10

画像オーニソは一ヵ所にグルーピングしました。
青リンゴにワイヤーを挿して、加えます。
近「青リンゴを入れてフレッシュ感をだします。」

STEP.11

画像アンスとアンスの葉を入れます。
近「大佐和さんのアンス素敵だね。このアンスはSサイズですか?」
徳「そうですね。もう少し大きく入荷する時もあったりしますが…」

STEP.12

画像近「アンスには顔の向きがあるので難しいのですが、一方向に入れたいと思います。」
風になびいてま~す。

STEP.99

画像同じ花材で花束を作りテーブルをコーディネートすることもできます。
花はオーニソガラム サンデルシーの小花のみですが可愛らしです。
この時期のてまり草はまんまるです♪
カラーを入れるとウエディング向きになりそうです。

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP