ユキヤナギとコデマリと春の草花のアレンジNo.2

ユキヤナギとコデマリと春の草花のアレンジ№2

 雪柳と春の草花のアレンジ№2

 

作品のテーマ

うきうきスチューデント/『春の枝物と春の草花のアレンジNo.2』

≪うきうきスチューデントとは…≫
花教室のレッスン向きレシピを掲載。
予算も計算されています。(時期により金額、ボリュームが変動しますので、参考として下さい。)

近藤先生より

春の枝物と春の草花をあわせたアレンジです。
ユキヤナギとコデマリの流れをいかし、リューココリネやスカビオサのステムをみせて、
複数点構成のアレンジを作ります。
同じ花材で、流れるデザインなどに応用できます。

※予算:3名で約10,000円のレッスン花材です。

難易度

★★★☆☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「同じ花材で、2つのアレンジができるので、レッスンに便利です。」
徳「どうして、2種類できると便利なんですか?1回のレッスンで2個作るのですか?」
近「ううん。そうではなくてね。
進路がみんな違うじゃない?初級クラス、中級クラスとかで花材を分けているお教室はいいかもしれないけど…
みんなが一緒にレッスンする場合は、同じ花材でいろんなことができると便利なの。」近「今回は中心となるラナンキュラルやバラなどのような花をつかいません。
いつもは、脇役になるようなお花に脚光を当てたいと思います。これ、先生の最近のマイブームなんだ。
色々な花に良い所があるのを知ってもらいたくて。」

STEP.2

画像スポンジをセットします。
近「後から砂を敷きますので、平らに入れましょう。
花器よりも少し低いくらいがベストです。」

STEP.3

画像コデマリのお手入れ。
近「葉が付きすぎている場合は、少し取りましょう。
このデザインは、スケルトン感がいいので、葉が沢山あると中が見えなくなりますからね。」近「それに、葉が多いと水下がりも早いので、余分な葉はとりましょう。
水下がりが心配な時は、枝を折り使用前に水に付けて置くといいと思います。
濱「切るんではなく、折るのですか?」
近「そう、枝を折るんです。」

STEP.4

画像最初は、ユキヤナギ、コデマリでラインをとります。
近「ひとつの所で交差させずに、いろいろな所で、全体を使って交差するようにしましょう。」
濱「はい。」
近「よく、3点で交差しないようにといいますが、あまり考え過ぎずに入れましょう。
考え過ぎるとパタリと手が止まってしまいますので。」

STEP.5

画像花を入れていきましょう。

STEP.6

画像近「端の方は交差にならなくても大丈夫よ。」

STEP.7

画像交差してますか?

STEP.8

画像近「花器を回して、全体を確認しましょう。
のびやかに挿せましたね。」

STEP.9

画像近「ミスカンサスでマジックです。
とりあえず、手で滑らせてカールさせましょう。」

STEP.10

画像近「ミスカンサスを入れることで、交差を強調させます。」
徳「複数点構成というアレンジを際立たせる為にミスカンサスを入れるのですね。」
濱「分かりやすくなりましたね。」

STEP.11

画像白砂をスポンジの上に敷いて完成です。

STEP.7

画像春の花がのびやかに咲きました。
スケルトン感を大切にする為に、花材の入れすぎには注意しましょう。

★ ミスカンサス ★
ライン取りにとても便利なグリーンです。
今回のように線を強調させたいレッスンに使えます。

★ スカビオサ ★
とても繊細なお花です。水下がりしやすいです。
スポンジでのアレンジにはあまり向きませんが、とても可愛いアレンジができます。
レッスン後、お家で飾る時は、直接水にいける方が長持ちするかと思います。

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP