うきうき花レシピ 芽吹きの泉

うきうき花レシピ 芽吹きの泉

 

 

【作品のテーマ】春レッスン/『リースの花留め』

◎近藤先生より

雲竜柳で編んだリースに、パンジーと球根を入れてみましょう。
器代を除けば、5人で約10,000円の予算です。

★☆☆☆☆

ウンリュウヤナギ  3本
球根つきムスカリ  1鉢
花芽つきミニスイセン ティタティタ(4寸)  1鉢
パンジー  6本
ユーロ水盤花器  適量
バインドワイヤー  適量
ベースの口径と同じくらいのリースを作ります。
まずは、1本を丸くしワイヤーで留めます。

そこに、やわらかい部分の枝を絡めていきます。
近「間に花を入れますので、ゆるめに編みます。」

濱「このくらいでいいでしょうか?」
水を張った水盤の上にのせます。

球根を鉢から出し、土を落とします。

準備が整いました。

球根は根の部分が水につくくらいで入れてあげましょう。
近「浮いてうるのがかわいらしいです。」

ウンリュウの間に入れていきます。

パンジーを入れて完成です。
近「他の花でもいいですが、小さめの軽い花を使うといいでしょう。
リースベースを隠しすぎないように入れるのがポイントです。」

花の息吹を感じるアレンジです。 だんだん暖かくなるこの時期にピッタリ。
浮いている球根も、『ラピュタ』を感じさせ、とてもワクワクします。
イースターまで、お花を代えながら楽しめそうです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP