うきうき花レシピ FlowerScreen

うきうき花レシピ FlowerScreen

 

 

【作品のテーマ】サマーレッスン /『動と静』

◎近藤先生より
ヨーロピアンデザインでおなじみの「静止と動きの対比」のデザインです。
理論として学ぶことも大切ですが、季節らしい花の取り合わせにすると涼しげなインテリアフラワーにもなります。
●静止→フトイ  ●動き→グロリオサ

【アレンジ難易度】
★★☆☆☆

フトイ  10本
カンガルーポー(グリーン)  1本
グロリオサ(黄)  2本
アガパンサス ブルーベイビー  3本
(資材)茶色の花器  1個
(資材)オアシス  1個
【準備】
花器の縁でオアシスに痕をつけ、入る大きさにカットします。
近「今日は白いオアシスを使います。
または、白い砂を敷くのでもいいですね。」

カットして入れます。
端の空いた部分は、残りのオアシスをカットし埋めます。

【花材準備】
まっすぐな花材を使います。

フトイを周りに挿します。
近「挿す間隔は、不揃いの方がおもしろいかな。」
近「全部に挿してしますと他の花材を入れられなくなるので、少し開いているところを残しておきます。」

カンガルーポーを中の中心にします。
濱「ちょっと変わったかわいらしい花材ですね。」
徳「そう、かわいいよね。だけど、花のつき方が難しくてどんな風に使おうか悩む花材です。これ!とてもいいですね(^^)」

グロリオサを入れると、中の空間に『動き』がでますね。
ブルーのアガパンサスを入れると涼しさが増します。

花材を入れすぎず、シースルーなイメージを大切にしたい作品です。
とっても簡単に作ることができるうえに、『静止と動き』の勉強にもなり、涼やかなインテリアとして素敵なアレンジになってます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP