うきうき花レシピ 夏の木陰で

うきうき花レシピ 夏の木陰で

 

 

【作品のテーマ】初夏レッスン /『ブルー系』

◎近藤先生より
生け花発展形のアレンジです。
高い位置で花をまとめ、途中の枝の空間を楽しみましょう。

【アレンジ難易度】
★★★☆☆

クレマチス ザ・プレジデント(紫)  5本
ドウダンツツジ(枝物)1m程度  1本
※確認 NODAフラワーさんのベラドンナ 空のワルツ  2~3本
アジサイ  2本
(資材)キャスケード用ブライディー  1個
(資材)ブーケスタンド  1個
【剪定】
近「ドウダンツツジは上手に剪定しましょう。」
濱「それがとても難しいんですよね。というか、『どこを切ろう?』と悩んでしまいます。」
近「こればっかりは、枝ぶりで毎回違いますからね・・・まずは使う枝の一番の持ち味を見極めること。枝ものに関していえば、曲りのものやちょっと細いもののほうが味がありますのでその部分を活かすように。あとはイメージする大きさになるように枝をつめていったり、余計な葉っぱを落とす作業です。」
濱「うーん、やっぱり経験を積むしかないのですね(^^;)」

 

剪定したドウダンツツジを挿します。
近「横にながれるような枝ぶりなので、中心よりもやや端にさします。
次に挿していくクレマチスの屋根になるようなイメージですね。

近「クレマチスは長さを活かして枝に絡ませながら挿し、ドウダンツツジに『青い花』を咲かせますよ。」

長く活けますので、ほんとうは給水フォームよりもワイヤの花止めや剣山の利用がおすすめなのですが(^^;)
今回はアジサイの小分けが必要なのでフォームを使用しています。

近「ベラドンナを入れて、もっと高さをだします。ドウダン高くして、葉の下に収めるデザインでもよいと思います。」
濱「圧倒される大きさですが、とても涼やかですね。」
徳「なんだか青い鳥がたくさんとまっているようです!」
近「この空間の演出がいきてるんです。」

足元は、白い砂で埋めても良いですが、華やかにしたい場合は、こうやってアジサイをマスにいれるといいでしょう。

アジサイの葉も利用してみました。

だんだん暑くなって来ましたね。
「ブルー」と「空間の演出」で、『涼』をとってみませんか?

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP