うきうき花レシピ 薫風

うきうきはナレシピ 薫風

 

 

【作品のテーマ】季節のアレンジメント/『デルフィニュームを使って』

◎近藤先生より
自然のままを利用した、大きな作品を作ってみましょう。
桜の枝の再利用し、エコなアレンジにもなっています。。

【アレンジ難易度】
★★☆☆☆

デルフィニューム(トリックピンク)  3本
デルフィニューム(トリックイエロー)  5本
デルフィニューム(トリックブルー)  3本
オクラレルカ  10本
ミヤコワスレ  5本
リューココリーネ  2本
(資材)花器  2個
(花留め用)桜の枝  適量
(花留め用)アルミワイヤー  適量
【花留めを作る】
近「桜の枝をカットしてつめて、花留めにしてみましょう。」
濱「これは先生が?」
徳「そう、持ってきてくれました。」
近「この枝は、活け込みで使った桜の枝を、一度乾燥させてカットしました。
固くて大変だったのよ。でも、再利用なのでエコなの(^^)」

しっかりと詰めます。
徳「中心部分には、まっすぐな枝を入れるとしっかり入るようです。」

枝を詰めたら、水をいれましょう。

オクラレルカを挿していきます。

次は、デルフィニュームです。
近「狭くて入らないときは、枝を抜きながら花材を入れましょう。」

リューココリーネを少し低めに入れて完成です。

もう一作品、作ってみましょう。
アルミワイヤーを花留めにします。

長い二つの花材を左右に入れます。

中心にミヤコワスレを入れたら、出来上がりです。
濱「うわっ、早い!」

色合いに黄色の山吹も追加してみました。そして、更に大きな作品になりまた。

近藤先生より、【この作品の隠れテーマ】
会席料理では、お料理の中で『少し前の季節』+『今の季節』+『少し先の季節』の食材を使うそうです。
この作品では、同じように季節の花材を使ってみました。
季節の流れを感じる作品になったでしょうか?

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP