フレームアレンジの新しいカタチ!「カレイドフレーム」で楽しむアレンジ10選

布、花、糸、石。
平面も立体も自由自在にアレンジして、完成したらそのまま飾ることができる新しいアレンジメント「カレイドフレーム」。
万華鏡の英名「カレイドスコープ」にも使われている「カレイド」という言葉は、ギリシア語の「美しく形作る」という意味が由来になっています。

今回はカレイドフレームのフレーム本体と、花パーツと相性がよく透明感で光彩を演出できるチュールを組み合わせた作品を10アレンジ用意しました!
工作のようにお楽しみいただける、初心者の方やお教室にもオススメのアレンジです(^^)まずは基本の作り方をご紹介します。

カレイドフレームのご購入はこちら


★基本の作り方★

(1)チュール生地を張る

カレイドフレーム外枠の金具を軽く緩め、内枠を取り外す。
内枠の外側にボンドを塗り、内枠と外枠でチュール生地をはさんで嵌め込む。
外側の金具をしっかり締め、余分な生地をカットする。

!ポイント!
ボンド加工なしでも楽しめますが、作業中や時間経過で生地にたわみが生じてきます。
生地をしっかり張り固定することで長く作品を楽しめます。

(2)パーツを加工する

チュールの上にパーツを並べてレイアウトを確認し、パーツを使いやすいサイズにカットする。

!ポイント!
サンセイのフェイクドライシリーズ「PFD」商品はジョイント部分で分解が可能。
かわいい色味とサイズ感がカレイドフレームの製作にぴったりです。

(3)グルーガンで貼り付ける

グルーガンでグルーをパーツ側に塗り、レイアウトで奥になるものから順に貼り付ける。
グルーの量は少なめに。全てパーツを貼り付けたら完成!

!ポイント!
グルーガンの先端部分など、高温なものをチュールに近づけると溶けて穴が空いてしまいます。
グルーはパーツ側に塗り、グルーガンがチュールに接触しないよう注意しましょう。


基本の作り方は以上の3ステップ。
フレームにチュールを張り、グルーガンで好きなパーツを付けていくだけでかわいいインテリア作品ができあがります(^^)
それでは実際の作例を見てみましょう!


1.ターコイズカノンのカレイドフレーム

▼使用材料一覧はこちら!

2.2色のロッタのプチフレーム


▼使用材料一覧はこちら!

3.キャメルカラーのフローラフレーム


▼使用材料一覧はこちら!

4.4種のライトグレーフラワーフレーム


▼使用材料一覧はこちら!

5.レンガ色のサークルパターンフレーム


▼使用材料一覧はこちら!

6.アンティークピンク&ホワイトのガーリーフレーム


▼使用材料一覧はこちら!

7.&8.シャビーイエローのセットフレーム

▼左側の使用材料一覧はこちら!

▼右側の使用材料一覧はこちら!

9.&10.モスグリーンマリモのセットフレーム


▼左側の使用材料一覧はこちら!

▼右側の使用材料一覧はこちら!


★アレンジにプラスアルファ★

基本のアレンジにちょっとプラス!アレンジのヒントをご紹介します(^^)

★チュールを張らずに…
枠を生かして造花が巻き付くようなアレンジにしても素敵です。

★キーホルダー・チェーンを付けて…
飾る際にフレームの金具部分にキーホルダーやチェーン金具をつけると可愛らしい仕上がりに!

★リボンやアクセサリーを組み合わせて…
造花以外にもレースリボンを使用すると華やか。アレンジに様々な資材を使用できるのがカレイドフレームの特徴です。


いかがでしたか?
新感覚の「カレイドフレーム」で、より自分らしい作品を作りましょう♪

使用した商品の一覧はこちら

カレイドフレーム・カレイドチュールはこちら!

サンセイのフェイクドライシリーズ「PFD」はこちら!

インスタグラムも更新中!フォローお願い致します♪

PAGE TOP