#おうちで花レッスン 応援!

うきうき花レシピ グラスに活けるローズリースの作り方

作品のテーマ

春の花 レッスン/『初夏のバラをリース状に活ける』

近藤先生より

初夏のバラを使った、ゆるやかなグラスリースです。
水盤にワイヤーをリース状にあしらい、ワイヤーにからめるようにしてナチュラルなリースを活けます。
首を短くしますので花保ちもよくたのしめます。

難易度

★★☆☆☆

 

材料

作り方

 

STEP.1


今回はグラスに活けるリースです。リースべースに挿すこともできますが、ややカッチリした出来上がりになりますので
ナチュラルさを出したい場合にはやや不向きになります。
器はガラスのボウルなどで代用してもOKです。

STEP.2

器のフチにラスティックワイヤーをまるめながら絡めていきます。

STEP.3


このようにぐるりと一周、ほどよく密にループをつけていきます。

STEP.4


まずアジサイを房に切り分け、ワイヤの上から挿していきます。茎がきちんと水に付くようにしてください。

 

STEP.5


コジャスミンのツルを絡ませていきます。
4月頃はつぼみのついた時期なので見た目も可愛いですね。

 

STEP.6

 

STEP.7


バラを入れます。ガーデンローズのようなカップ咲きのバラが似合いますね。極端に大きい輪のものよりも
ほどよいサイズのものがバランスを取りやすいかと思います。

 

STEP.8


お花の上にもツルをからませたり、かけたり自由に活けましょう。

 

STEP.9


宿根スイトピーをいれます。ラインの花なのでやや飛び出る感じで

 

STEP.10


フリチラリアをいれました。アンティークな感じの色なのでポイントになりますね。
最後に全体にふわりとジャスミンを絡ませます。

 

STEP.11

 ある程度高さがある器ですと、ツルの流れを強調できるのでエレガントに見せられます!

 



PAGE TOP