#おうちで花レッスン 応援!

コーラルピンクの芍薬とバラのブーケ

コーラルピンクの芍薬とバラのブーケの作り方

 コーラルピンクの芍薬とバラのブーケ

 

作品のテーマ

初夏ウエディング・レッスン/『コーラルピンクの芍薬とバラのブーケ』

近藤先生より

コーラル系芍薬とコーラル系バラのブーケです。
芍薬だけですと開花調整が難しいので、バラと合わせればうまくいかなくてもバランスがとれてきます。
小花やグリーンと合わせると、芍薬だけのブーケよりナチュラルな印象になり、ガーデンウエディングにも良いかと思います。
※芍薬は、入荷状況で開花調整が難しいお花です。 私は半分に分けて、一回前と直前の仕入れで注文するようにしています。

3人で約10,000円の予算です。

難易度

★★★★☆

 

材料

作り方

STEP.1

画像【花材準備】
近「とても可愛らしい色の芍薬です。
でも、ちょっと使い方が難しいイメージがありますね。
同色系のバラと合わせるといいと思いますよ。」
徳「先ほどの芍薬のレシピは和な感じですが、こちらは洋風ですね。」

STEP.2

画像近「バラの棘を取りましょう。」

STEP.3

画像近「芍薬、もう開いているのですばやく作りましょう。」
徳「濱野さん、持っているところが温かくならないように…ね。」近「先生、芍薬の芯のもじゃもじゃ好きなんだ~。中に見える黄色が可愛い。」
徳「嫌がる人もいるけど、可愛いですよね。」

STEP.4

画像近「芍薬とバラでグルーピングしながら作ると良いと思います。
ブーケサイズで、あまり大きくならないように。」

STEP.5

画像アストランチアとアルケミラを間に入れます。
濱「アルケミラのこの星な感じが好きです。」

STEP.6

画像濱「どうでしょう。丸くできたかな。」
近「大丈夫です。大きさもそのくらいで良いと思います。」

STEP.7

画像近「最後に時計草を入れます。」

STEP.8

画像近「時計草は後から巻き付ければいいので、2本入れたらまずは縛りましょう。」

STEP.9

画像時計草を花に掛かるようにします。

STEP.10

画像近「折角ですから、リボンを付けてみましょうか(^^)」
濱「はい、ぜひ。」リボンを作りましょう。
(リボンの作り方が載っている花レシピはこちら

STEP.11

画像リボンを茎に巻きます。

リボンを押えておきます。

STEP.12

画像一度下方向に巻きます。
ここから上方向に巻いていきます。

STEP.13

画像上まで巻けたら、輪を作って通します。

STEP.14

画像ここに…

STEP.15

画像通せました。

STEP.16

画像しっかりと縛り、押えます。

STEP.17

画像先ほど作っておいたリボンをワイヤーで付けます。

STEP.18

画像しっかりと留めたら完成です。

STEP.99

画像コーラルカラーがとても可愛らしい芍薬とバラのブーケです。
芍薬、バラは5月~6月くらいが旬のお花となります。

芍薬は、とても開花調整が難しいお花です。(ご注文の時は、商品ページをご説明をお読み下さい。)
しかし、とても魅力的なお花でもあります。
咲いたときのボリューム、花びらのふんわり感はとてもすばらしいです。
※咲いたときのボリュームがとてもあるので、使う本数が少なくてすみ、意外に安価にブーケの作成ができます。
また、仕上がりが軽くできます。

この花レシピが気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです♪



PAGE TOP