大きなトロピカルフラワー – うきうき花レシピ

形と線をいかした花束

 

 

【作品のテーマ】サマーレッスン/『形と線をいかした花束』

◎近藤先生より

トロピカルフラワーやワイルドフラワーの種類が多く出回るこの季節にしかできない大ぶりの花を使ったレッスンです。
初心者の方にはアレンジで、上級者の方には花束で、練習頂くとよいかと思います。
花束は無理にスパイラルにする必要はなく、パラレルで組んだ方がやりやすいと思います。

★★★★☆

【花材準備】
濱「大きいですね(@_@)このアンスも、キングプロテアも顔より大きい…」
徳「夏ですからね~」
近「季節の花を楽しみましょう(^^)」

近「レッドジンジャーは長く使い、ステムの美しさを楽しみます。。
大きな花材ばかりで持ちづらくなるので、一度、ワイヤーやワイヤー入りラフィアで、縛っておきましょう。」

花束にするので、持ち手の部分を手入れします。
近「綺麗だけど、とても重いわ~。」

濱「重い…。作り方は、パラレルでいいんですよね。」
近「重さがあり、茎も太いので、作っている間にずれてくると思います。
そんな時は、ワイヤーを巻きながら作ると良いと思います。」

濱「傾く~」

オンシジュームも入れて、また、ワイヤーを巻いて。

モンステラを一枚。
近「ワイヤーで巻いてるから、手直しがちょっと大変かな。」

タニワタリを入れて、横にも大きくなりました。
濱「すごい花束!」

近「花瓶に入れて整えましょう。重なりあったレッドジンジャーの葉は、カットしました。
縦・横のバランスを考えて…
~ いつの間にかレッドジンジャーが3本に。」

★★★ 夏 ★★★
この時期の大きさを実感してみよう♪

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP