うきうき花レシピ 桜を魅せる

うきうき花レシピ 桜を魅せる

 

 

【作品のテーマ】春 インテリアフラワー/『桜を魅せる』

◎近藤先生より

桜の下の方の太い枝を花留めとして活けます。
桜はそれだけで姿・形の美しいもの。
できるだけシンプルに活けて、いかしてあげたいものです。

★★☆☆☆

枝の下の方の部分を花留めにします。
近「桜の枝はとても硬いので、切る時は注意して下さい。」

花留め用の枝は、このくらいでいいでしょう。

近「このままではずれてしまいますので、上に重石をのせます。」

近「花留めが完成したら、桜の枝を入れていきます。」
手前に短くしたラナンキュラスをいれます。

濃い色のラナンキュラスも入れてあげると、色にしまりがでますね。
近「ミスカンサスを少しいれてもいいかもしれないな~、クルッと丸めていれてみましょう。」

桜はシンプルに。
桜はやっぱり主役。他の花はちょっと添えてあげるくらいが丁度いいかもしれません。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP