うきうき花レシピ Adolescent bouquet

うきうき花レシピ Adolescent bouquet

 

 

【作品のテーマ】初夏のウエディング /『ダリア×クレマチスのブーケ』

◎近藤先生より
季節感あふれるブーケを作ってみましょう。
ダリアもクレマチスも水揚げがよろしくないので、クラッチブーケをおすすめします。

【アレンジ難易度】
★★★☆☆

【花材準備】
『夏』を感じるブーケを作りましょう。

まずは、下葉処理します。
近「この姫水木、先生のとこのマンションに生えている葉を頂いてきました。」
徳「いい色出てて、可愛い~」

最初は数本をまっすぐに握って芯にしましょう。

近「最初の1本からスパイラルにしようとしなくていいのです(^^;)」

途中途中にグリーンを入れながら、作ってみましょう。

ダリアは横向きのお花ですので、中心に入るお花はできるだけ上向きのを選んで。

近「そうそう、色を合わせながら。いいんじゃない?」
淡い色ですので混ざってもよいですが、同種類は近くにおいてグルーピングの配置で。

アワも入れて。
濱「なんか、形がいびつに…。花がしずんできちゃいました(T・T)」

近「クッションになるものが無いから、簡単そうでも難しいのよね。」

お花一輪ずつが大きいので、どうしてもボコボコと凹凸がつきやすくなります。
花束を上から見てラウンドのフォルムになっているか、つくりながら確認しましょう。
へこみ部分にお花を足して、円を大きくしていくイメージです。
近「あまり固く握りこんでしまうと、調節が難しくなりますよ。
もう少し下を、軽く余裕をもって握りましょ。」
きちんとスパイラルになっていれば、あとからでも引っ張り上げることはできますが
全体が下に落っこちてしまう前に、都度ひっぱりあげながら作るとよいです。

ギボシで手元をカバーします。

せっかく斑入りのリーフなので見えるようにしてくださいね

沈んでるお花も引き出して、形を整えましょう。

ラフィアで縛って、切ったら完成です。

とっても爽やかなブーケになりました。
お家に飾って、季節を感じるのもいいですね。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP