#おうちで花レッスン 応援!

うきうき花レシピ 幸せいっぱいバスケット

うきうき花レシピ 幸せいっぱいバスケット

 

 

◎近藤先生より
ピンク~オレンジのグラデーションで可愛く。
ブラックベリーや青リンゴなどの実物や、けいとうなどを使うと、やや秋めいた感じになってきます。

【アレンジ難易度】 ★★★☆☆

花材を準備をします。
濃いめのピンク色、オレンジ色など秋に近づく色を取り入れながらも
グリーンのりんごなどまだ清涼感も残しつつ、の色合わせ。

アイビーを先にいれます。 先生もお気に入りの「ハートピンク」
紅葉アイビーほどの秋感はありませんが、グリーンのアイビーよりも
少し日の陰った秋の印象に近づきます。
近「2~3パーツにして長めにカットして使います。
バスケットの渕より下がるくらいまで入れましょう。」

バラをいれます。
色の濃いものは、グルーピングしながら入れるといいでしょう。
全くバラバラに配置するのは避け、3本一緒か、2本-1本のように配置します。

けいとうボンベイピンクを使います。

近「このまま使っても問題ありませんが、下処理しておきますね」
濱「ちょっと不気味ですが、これはなんですか?」
近「種です。虫やカビではないですからね~」
指でそぎ落とすように種部分をと理のそいておきます。

キレイになったら、短くカットして挿していきましょう。
シャイニーなピンク色が美しいケイトウですね。

青リンゴはワイヤー18番を使って挿します。

青りんごも大きさがあるので、グルーピングしながらがいいでしょう。
高低差をつけて、重なるように入れるとデザイン性がアップします。

淡いオレンジ色がきれいなカーネーション「ドヌーブ」
夕暮れの色合いを思い出します。
お花が小ぶりなのでこれもグルーピングしていれました。

可愛らしいポンポンスカビオサ。
あまり高くは伸ばしませんが、埋め込みすぎず
ふわっとお花が乗るような感じで。

ブラックベリーは外に垂れる感じで、ナチュラルに入れていきましょう。

すきまをピットで埋めていきます。
少し高さを出してあげることで、立体感がアップします。

SPバラのソノラも入れて、ピンクとオレンジの色合いでさらに可愛さアップ!

先生も一緒に仕上げていきましょう。

バスケットからあふれるように入れて、出来上がりです。

とても可愛らしく、美味しそうに仕上がりました。

ほぼ同じ花材で作った花束も一緒に。 この可愛さ!ウェディングパーティでも素敵かも。

 



PAGE TOP