ピアスメソード

プリザーブドフラワーのワイヤリングの中の一番オーソドックスな手法「ピアスメソード(メソッド)」をご紹介します。ローズやカーネーションなど、メインになって子房が丈夫な花材によく使われる手法ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

STEP.1 子房にワイヤーを刺し通します。

まず#22~24のワイヤーを用意し、半分にカットします。子房と呼ばれるステムの真下のぷっくらした部分に、カットしたワイヤーを刺します(使用ワイヤー:主に#22~24)。柔らかいのでワイヤーの先端をあてて、少し力を入れれば刺さっていきます。固くて刺さらない場合は、こちら[刺さらない場合のワイヤーリングメソード]をご参考ください。

 

STEP.2 茎にそってワイヤーを折り曲げます。

ワイヤーの中心部分までお花を通せたら、下に折り曲げます。アレンジ作成時に必要に応じてカットしてご利用ください。(アレンジや使う植物にもよりますが目安としてスポンジに刺さる部分は3cm前後です)

 

STEP.3テーピングします。

さきほど刺したワイヤーを隠すように、フローラルテープを巻いていきます。テープを子房の裏にあてて、下にクルクルと巻き下げていきます。フローラテープはいっぱいに引っ張ってのばしてから巻きつけます。子房は滑りやすいので、ワイヤーが見えてしまう場合もありますが、気になるようでしたら巻き終わった後に、その部分だけもう1度上から巻いてみてください。

 

STEP.4 完成♪

テーピングが出来たら、あとはスポンジに刺していくだけ。楽しんでアレンジしてくださいね!

 

※ワイヤーを刺し通すときは、ワイヤーの刺す側をワイヤー切ハサミ等で針のように鋭利になるように斜めにカットすると刺さりやすいです。茎が固くワイヤーが刺さりにくい場合は、針や千枚通し等で少し穴をあけてから(貫通させる必要はありません)ワイヤーを使うと刺しやすくなります。

 

この記事で紹介されている商品

 

関連する記事

 

PAGE TOP