造花をクリスマスツリーに飾り付ける方法

ボールやサンタさん等のオーナメントに飽きたという方は、造花(アーティフィシャルフラワー)をクリスマスツリーに飾り付けてみたはいかがでしょうか?造花は取り扱いも難しくありませんし、お持ちのクリスマスツリーにポインセチアやダリア、ローズなどお好きな花を飾ることで、華やかさが格段に増します。今年の冬は、造花&クリスマスツリーで素敵なクリスマスをお過ごしください!

ツリーは基本的に細い箱のなかにギュウギュウに入っていることが多いので、まずは閉じていた枝を1本1本広げます

クリスマスボールには「紐」が付いていることが多いですが、今回は、「ワイヤー」を代わりに使ってツリーに飾りたいと思います。

このように取り付けます。
ボールに付属している紐で取り付けると「垂らして付ける」ことになりますが、この方法ですと葉っぱに密接させて付けることができます。
小さなツリーでは、見栄えが良くなるテクニックです。

葉っぱの先っぽの方に取り付けるとオーナメントが目立っていい感じになります。
小さいツリーには多様したいテクニックです。

「クリスマスツリーに造花??」とお思いでしょうか?今回使用する造花は、とってもピッタリ似合うデザインになります!
枝が長い場合は余計なステム(茎)の部分は切り取ります。

 

花びらの折れやへしゃげ、垂れ下がりがある場合は、取り付け前にアイロンがけをしたり、必要であれば垂れ下がった花びらをボンド等で整えておきます。
【造花のリペア・修復方法】

枝に沿わせるようにしてワイヤーで取り付けると簡単に取り付けできます。

せっかくなので、先ほど切り取ったステム(茎)の部分も飾ります。
葉っぱもおしゃれなデザインとなります。葉の上に残った余計な枝部分を目立たないように葉っぱギリギリでカットしたら、花同様に取り付けます。

残りのオーナメントを取り付けていきます。
ここでも先ほどの手法「葉っぱの先端に取り付ける」を使いたいと思います。
このように先端に取り付けます。クリスマスツリーの葉っぱ枝部分はワイヤーが入っているのである程度自由に曲げられます。

小さなツリーで垂らしてしまうとこんな感じに・・・
デザイナー曰く、これはこれでいいモノらしいですが・・・

だいぶついてきました。
バランスを見ながら取り付けています。

「完成!」っと思いましたが、なんだかトップ部分が寂しい・・・
ツリートップをつければ解決!ですが、材料がありませんでした。。。この色合、オーナメントに合いそうなツリートップの代わりを探しました。

こちらの造花はいかがでしょうか?大きめのゴールドカラーのポインセチアがお星様のよう。使ったオーナメントとの相性も良さそうです。

このようにトップの葉っぱにワイヤーでくくりつけて、見せたい方向にお花を傾けてあげれば良さそうです。

できました!
このようにおしゃれで洗練されたクリスマスツリーが完成いたしました。
皆さんもぜひ作って見てください。

このように棚の上に飾っております。棚の上ですので、トップにつけた造花は少し下に向けております。

ツリー周りの装飾はこんな感じ。ツリーに合わせた装飾です。
統一感があると栄えますね!

 

今回使用した商品

 

PAGE TOP