秋の彩り♪造花で楽しむドライタッチブーケ&壁掛けアレンジの作り方

今回はアスカ(asca)より、ブランドの大きな特長の「色味」を生かしたアレンジの作り方をご紹介(^^)
ドライタッチのローズとグラススプレーに、セージカラーのグレープリーフを組み合わせてシックなブーケ&壁掛けアレンジを作ってみました。
一緒に飾って秋冬のシックな雰囲気をお楽しみください。


★完成イメージ★

1.ドライタッチブーケを作ろう

1.花材を準備しよう


使用する花材を並べました。


グラススプレーは根元に紙テープが巻かれていますので、その上の枝分かれ部分で切って使います。
穂先の高さを揃えて使います。
グレープガーランドも先端の小枝が2本になる部分で2等分にします。

★ここがポイント!
枝が太いのでニッパーを使うと作業が楽に進みます。

2.ブーケを組もう


下から順番に、グラススプレー→ローズ→パフスプレーの順に重ねていきます。
両サイドからグレープガーランドを添えるようにまとめたら、26番の地巻ワイヤーでしっかりと固定します。
ステム部分は15cm位でカットしておきます。

★ここがポイント!
全体のバランスをみながら組み合わせ束ねていきましょう。
今回は机などに置いて飾れるスタイルにします。

3.ラッピングをしよう


仕上げにラフリネンを後ろから巻きラッピングをします。
手元の部分にはバーラップリボンを結んだら完成!

★ここがポイント!
今回はシャビーシックな雰囲気に合わせ、ナチュラルな不織布&リボンを使用します。

★完成★

使用した材料&分量はこちら!

2.壁掛けアレンジを作ろう

1.花材を準備しよう


使用する花材を並べました。
壁掛けではリーフガーランドの葉部分を使います。葉ごとにカットしておきましょう。


オレンジのローズは図の赤い部分でカットします。

パープルのローズは図の部分をフローラテープでまとめてからカット。
残りの横に出ている3輪は花首の部分をカットします。

ベリーはまとまりが1個ずつになるように図のような分かれ目でカットしましょう。

★ここがポイント!
リーフガーランド先端の小さな葉とつるが付いている部分はそのまま使えます。
5~10cm程度で残しておきましょう。ローズ&ベリーを飾る際までとっておいてくださいね。

2.葉を敷き詰めよう


カットした葉をフォームに敷き詰めるようにグルーガンで接着していきます。

★ここがポイント!
角の部分はフォームの側面に折りまげて貼っていきます。
側面は後ほどリボンで隠すので、はみ出ても大丈夫!

3.リボンを巻こう


こちらもグルーガンを使いフォームの側面をリボンで縁どります。

★ここがポイント!
リボンを巻くときはたるまないように引っ張りながら貼っていきましょう。

4.壁掛け部分を作ろう


20番針金でUピンを作りボンドをつけ取り付け、紐をつけて掛けられるようにします。
今回はペーパーラフィアを使いました。お手元にあるリボンやナチュラルな紐を使うのもおすすめです!

★ここがポイント!
Uピンの上からフローラテープや包装紙の切れ端などを貼ると、目隠しになり綺麗です。

5.ローズ&ベリーを飾りつけよう


グレープリーフを貼ったボードにカットした他の花材を飾っていきます。
オレンジローズ……Uピンにボンドを付け留めます。
パープルローズ……オレンジローズの左下にUピンにボンドを付け留めます。
グレープリーフの先端枝・ベリー……パープルローズとオレンジローズの間にUピンにボンドを付け留めます。

ボード面の右下部分にローズを集めることでまとまりを出し、花首もバランスよく散らして仕上げます。
花首だけのパープルローズ……グルーガンでバランスをみながら散らして貼り付けたら完成!

★ここがポイント!
Uピン留めは必ず2箇所で留めます。
全体が大きい花材の場合1箇所留めは安定しないので、しっかりと固定しましょう。

★完成★


いかがでしたか?
秋冬だからこそ楽しみたい、こっくりした色の組み合わせをぜひお楽しみください♪

使用する材料&分量はこちら!

インスタグラムも更新中!フォローお願い致します♪

PAGE TOP