東京中央卸売市場に入荷する生花を全国へお届け!資材、プリザーブドも充実!

生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ生花・プリザーブドフラワー・造花の花材通販はなどんやアソシエ

ようこそ

ゲスト 様

新規会員登録

うきうき花レシピ 夏のコーン シースルー

Published at 2013/05/30 15:25:34
うきうき花レシピ 夏のコーン シースルー
 

 

 

 

【作品のテーマ】初夏レッスン/『夏のコーン シースルー』


◎近藤先生より

フトイで三角すいのアウトラインを作って、初夏らしいシースルーで軽やかなコーンアレンジにします。

グロリアサ赤にすれば、3名で約10,000円の予算。

★★★☆☆

フトイ  6~7本
グロリオサ〔黄〕  3本
サンダーソニア(オレンジ)  3本
モカラ タンガリン  3本
カラークリスタルブラッシュ(白)  5本
利休草  3本
ナルコラン  3本
   
検定花器  1個
オアシス  1本
ワイヤー18番  8本
   

【花材準備】
グロリオサの花粉と葉を取っておきましょう。

フトイにワイヤーを入れます。
近「カラーも柔らかいようでしたらワイヤーを入れるといいと思います。」

入れました。

等間隔で、挿しましょう。
近「オアシスに挿す場所の目印を書いておくといいと思います。」

上を糸ワイヤーなどで留めます。

グロリオサを入れましょう。
途中で切った部分は、下の方を埋める花材として使えます。

近「円錐の中に全てを入れなくてもいいですよ。
フトイが見えなくなっては困りますが…」

近「上の方は、円錐の形を大事に。」

グロリオサは花の出る方向を考えて、色々な場所から出るようにしましょう。
下の方は、モカラを入れます。

グロリオサの次は、カラー→サンダーソニア→モカラと長い順に入れます。
カラーは同じ高さにせず、高さをかえて入れます。
濱「カラーのステムの美しさがあうデザインですね。」

モカラを切り分ける時は、上からです。

下の部分は、茎の長さをしっかりと残して切ります。

入れ過ぎず、シースルーに…風通しのよい感じにします。

グリーンには、デザインの雰囲気とあうナルコランと利休草を使いました。

初夏の風が通り抜けていきます。
フトイとステムのキレイさを表してくれます。

大きなデザインですが…
隙間を楽しむデザインなので、花の数が少なくてすみ、お財布にやさしいデザインかも(^^)

 

●関連するコンテンツ
うきうき花レシピ | 大型アレンジ・ パラレルアレンジの作り方 | 夏 フラワーアレンジ



 
 
 
 
 
- スポンサーリンク -