雨のテーブル ~アジサイとカラーのボウル活け~  うきうき花レシピ

アジサイとカラーをシンプルに活けたアレンジ

季節のお花アジサイとカラーをつかったしっとりアレンジ。
曇りの日にも鮮やかなに浮かび上がるアジサイの花は
梅雨の季節のテーブルにもぴったりですね。
エレガントなカラーのラインも見どころです!

★近藤先生からひとこと
オアシスを使わないかんたんエコアレンジです。
アジサイは水落ちしやすいので、
オアシスに挿すよりも短く水に活けるのが◎

★まずは企画販売をチェック!
レシピで使われているアイテムがお買い得になっているかも?

【使用アイテム】
・アジサイ青
・カラー クリスタルブラッシュ
・カラー ガーネットグロー
・ベアグラス

・ガラスのボール
・ワイヤー18番
・セロハンテープ

他のレシピを見る。

今回の花材です!
国産の青いアジサイはまだ入荷がありませんが 鉢ものを切ってきました~ 他の色のアジサイでももちろんOK

水をはったガラスのボールにセロハンテープをはります。

近「こうやって、格子状に貼ってくださいね。 あまりテープがはみ出さないように・・・」

水下がりしやすいお花ですので、しっかり水揚げをしたアジサイを使いましょう!
茎を短く斜めに切ります。芯につまっている海綿質を少し取り除きます。

格子の穴にさしていきます。

こんもり丸くなるように3輪ほど。

きれいなカラーの茎にワイヤー18番を通します。

茎を突き破らないように慎重にワイヤーを入れます。

ワイヤーをいれたらゆっくりと曲げます。
近「両手をくっつくて少しずつためます。両手が離れているとそこから折れちゃいますので気をつけて!」

近「花の首元まできちんと通してくださいね。途中までだとそこから折れてしまいますので・・・」

カラーの花向きのラインを意識しながらボールに入れます。

カラーの花向きのラインを意識しながらボールに入れます。

やわすぎず、硬すぎず程よい太さのベアグラスを選びましょう。

カラーのラインを補うような感じで5本程度を添えて完成です。

近「最後に霧吹きでしっとり水をかけて飾ります。 保水にもなりますし、みずみずしい感じがとってもきれいですよ。 お水を足すときは花の上からかけても構いません。 こまめに霧吹きをしたり、水をかけてあげましょう。」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP